06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月  |HOME管理

2017.07.22 (Sat)

横溝正史館


   『本陣殺人事件』 横溝正史


 甲府での用事を済ませた後、「せっかく甲府に来たのだから……」と、山梨県立美術館に行きたいな思い立ちました。
 ここは、ミレーの絵で有名な美術館です。
 まだ、一度も行ったことがないのです。

 でも、調べてみたら、その日は休館日でした……。残念。
 そこで、7/7のブログで紹介した「ほったらかし温泉」に行くことにしたのです。

 そしたら、その途中で、「おお、これは!」という施設を見つけました。

   横溝正史館
   http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4476.html

 駐車場に車を止めて、行ってみたら……、ああ、ここも休館日でした。

 横溝正史館がなぜ、山梨市にあるのか?
 そしてどんな物が展示されているのか?
 ミステリーのままです。


   横溝正史館
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   横溝正史館
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。




テーマ : 推理小説 - ジャンル : 小説・文学

タグ : ミステリー 横溝正史館 山梨市 ミレー 山梨県立美術館 甲府 横溝正史 本陣殺人事件 

06:00  |  地理  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.07.21 (Fri)

東洋のドーバー


   ドーバー海峡(Wikipedia)
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 日曜日にやったところですが、「○○の△△」シリーズです。
 ネタがたまっているので、どんどん消化していかねばなりません。

 今回はこれ。

   東洋のドーバー

 「ドーバー」というのは、イギリス-フランス間の海峡の名前ですね。
 それに匹敵するくらいの何かが「東洋」にあるのです。
 そして、それがあるのが、なんと日本国内なのです。
 一体、どこなんでしょうね?

 しかし、これを考えるためには、「ドーバー」という言葉で何を象徴しているのかを知っておく必要があります。


テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 東洋のドーバー ○○の△△ ドーバー海峡 屏風ヶ浦 刑部岬 銚子市 ドーバーの白い崖

00:10  |  雑学 ★雑木話★  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2017.07.20 (Thu)

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK



 かっこいい。
 この人は、一体いつまでかっこいいんだ?
 まだ55歳だから、まだまだ心配ない。


   『 ジャック・リーチャー NEVER GO BACK 』

------------------------------------------------------------------
 陸軍のエリート指揮官だったジャック・リーチャーが退役した数年後。
 彼の後任のスーザン・ターナー少佐が国家反逆罪で逮捕される。
 彼女の無実を証明し、リーチャーの元部下を殺害した真犯人を暴くには巨大な政府の陰謀に立ち向かわなければならなかった。
 リーチャーは正義のために法を犯し、ルール無用の闘いに挑むのだった!
------------------------------------------------------------------


 前作、『アウトロー』でもそうだったのだが、主人公のジャックはあまり物を持っていない。というか、ほとんど持っていない。
 必要な物があれば、そのときそのときで適当に手に入れる。
 どうやらあまりお金も持っていないようだ。
 そういう設定が面白い。

 必要ないのだろう。
 持てば持つだけ、動きが鈍くなる。
 自由に気ままに、好きなときに好きなところへ。
 あこがれる気もするが、私にはできそうもない。
 そもそもジャックほど強くないし、かっこよくもない。



 118分

 監督は、『ラストサムライ』のエドワード・ズィック監督。
 飽きさせない展開で楽しめました!



テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : エドワード・ズィック トム・クルーズ ラストサムライ アウトロー ジャック・リーチャー NEVERGOBACK かっこいい

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.07.19 (Wed)

疾風ロンド



 近鉄の急行に乗ると京都駅から近鉄郡山駅までちょうど1時間くらいかかる。
 京都駅が始発だから、たいていの場合は座ることができる。
 だから、本を読みたくなる。
 以前に、乗り過ごしたことがあるから、注意注意。

 今回読んだのは、この本。
 1日で読み切りました!


    『 疾風ロンド 』   東野圭吾

------------------------------------------------------------------
 東野圭吾が贈る、この冬最大の興奮! ラスト1頁まで気が抜けない長編ミステリー!
 拡散すれば人々を大量死に陥れる威力をもつ生物兵器K-55が盗まれた!
 引き換えに3億円を要求する犯人からの手がかりは、スキー場らしき場所で撮られた
テディベアの写真のみ。しかも犯人との交渉が突如不可能に!
 圧倒的なスピード感で二転三転する事件のゆくえ、読者の予想を覆す衝撃の結末に酔いしれろ!
------------------------------------------------------------------


 阿部寛の主演で映画化されました。
 気になって、一気に読みたくなる作品です。
 以前の『白銀ジャック』とシリーズになっているのかと思いましたが、違っていました。

 状況設定は「サスペンス」なのですが、「サスペンス」とは言い切れないくらい、「コメディ」が満載です。

「ラスト1頁まで気が抜けない」と書いてあったのを忘れていたら、その通り、ラストでひっくり返されました。
 とってもさわやかでした。

 夏の暑いときに、スキー場が舞台の作品を読むのはよいものですよ。



テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : スキー場 ラスト1頁 白銀ジャック 阿部寛 疾風ロンド 東野圭吾 近鉄郡山駅 京都駅

06:00  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.07.18 (Tue)

♪あじさい橋



 このうまさ。
 この人は本当におニャン子なのか?
 どうして、こんなにうまい人がおニャン子にいるのか?


   城ノ内早苗 『あじさい橋』
    作詞:秋元康  作曲:見岳章
    歌詞

 1986年、梅雨の最中の6月にリリースされた城之内早苗のソロデビュー・シングル。
 作詞は秋元 康、作曲は見岳 章。
 このコンビは、美空ひばりの『川の流れのように』のコンビ!

 そして、オリコンで初登場1位!
 女性演歌歌手のオリコン1位は本当に珍しくて、このあとは、2009年1月の秋元順子『愛のままで…』まで出てこない。
 しかも、デビュー曲での初登場1位となると、この人だけ。

   遠くにゆっくりと 梅雨が来て
   空からそっと投げた 絹の糸の雨


 現在の城ノ内早苗のほうが歌がうまくなっていると思うが、デビューの頃から十分にうまい。
 ちょっと調べてみたら、小さい頃から民謡と三味線を習っていたとのこと。

   渡れる 渡れない ふたりの思い出橋
   渡れる 渡れない ああ あじさい橋


 じつは、私は「あじさい橋」渡ったことがある。
 それが、この橋。


テーマ : 懐かしい歌謡曲 - ジャンル : 音楽

タグ : あじさい橋 城ノ内早苗 おニャン子 川の流れのように 美空ひばり 秋元康 愛のままで… 秋元順子 箱根

00:10  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT