FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月  |HOME管理

2019.04.14 (Sun)

病膏肓に入る


   どこで撮った桜なのか、思い出せない!
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 久しぶりの「故事成語」です。
 今回は、コレ。

   病膏肓に入る

「やまい こうこうにいる」と読みます。
「入る」は、「はいる」とは読みません。

 私、むか~しからこの言葉がわからなかったのです。
 意味はもちろん知ってますよ。
 病気がひどくなって、もう治療ができないほどであることを言います。
 また、物事に熱中しすぎて、抜け出せないほどになる場合にも使います。

 私がわかならいのは「膏肓」です。
 病が「膏肓」に入るというのはどういうことなのでしょう?
「高校に入る」のならわかるのですが……、いや、わからんか、やっぱり。
 一体、何十年わからないままにしていたのでしょう。調べねば!


テーマ : 中国古典・名言 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 横隔膜 景公 膏肓 病膏肓に入る 故事成語

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2019.04.13 (Sat)

子規堂


   子規堂
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 松山のレポートは、まだあります。
 松山と言えば、正岡子規。
 だから、子規堂にもやってきました。

   子規堂
   http://shikido.ehime.jp/

 「子規堂」は、松山市駅から歩いて行ける距離です。
 子規堂を目指してやってきたのですが、それは、正宗寺というお寺の境内の中にありました。
 正岡子規が17歳まで暮らした家を復元したもの。
――というのは、あとから知りました。見学しているときは、当時の家がそのまま残っているのだと思っていました。

 今回は、子規堂の写真集。


   子規堂へようおいでたなもし
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



テーマ : 愛媛県 - ジャンル : 地域情報

タグ : 旅だち 子規と野球の碑 夏目漱石 勉強部屋 松山市駅 正岡子規 松山 子規堂

06:00  |  四国  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.04.12 (Fri)

ビックカメラ町田店のエレベーター


   小田急 町田駅(Wikipedia)
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 小田急の町田駅の西口の改札を出ると、正面にエレベーターがあります。
 このエレベーターは、ビックカメラ町田店のエレベーターです。
 私は、ここで、以前に洗濯機を買ったことがあります。

 そんなことはどうでもよいのです。
 今日の話題は、エレベーター。

 このエレベーターがすごいというのを聞いていたので、ぜひ、この目で見たかった!
 近くの駅なのに、今までなぜ気がつかなかった。

 とにかくご覧ください!


テーマ : 東京・多摩地域 - ジャンル : 地域情報

タグ : 各停 急行 車両 ビックカメラ エレベーター 町田駅 小田急

00:10  |  東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.04.11 (Thu)

カメラを止めるな!



 話題の作品をやっと見た。
 単なる「ゾンビ映画」がどうしてそんなに話題になっているのか不思議だったが、そうか、こういう映画だったのか――とわかった。


   『 カメラを止めるな! 』

------------------------------------------------------------------
 とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。
 そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる! 大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
 “37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービー!”……を撮ったヤツらの話。
------------------------------------------------------------------


 上にあるような筋だったのだ。
 つまり、「ゾンビ映画を撮影しているという内容の映画」を映画として撮影しているわけで、三重構造になっている。

 この映画は、本編のゾンビ映画を映画の前半で見せて、その制作過程を映画の後半で見せるという、映画自体が二重構造になっている。



 96分。

 確かに、「映画」でこういうの作りは初めて見た。
 しかし、コントや漫才だと、「後半」で「前半」をリピートして見せるという構造はよく見かける。
 吉本新喜劇でもあったような……。
 ナイツの『寿限無』のネタも、これに近いのではと思う。
 それを映画でやったのが、面白い!





テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : ナイツ 寿限無 吉本新喜劇 二重構造 三重構造 ノンストップ ワンカット ゾンビ映画 カメラを止めるな!

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2019.04.10 (Wed)

春のちょっといいこと


   我が家のムスカリ
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 2月中に確定申告を終えていたのだが、その後、きちんと処理されたのかどうか、それが気になっていた。
 先日、奈良の自宅に戻ったところ、税務署からはがきが届いていた。
 薄いシートをピーっとめくるタイプのはがきだ。

 届いていたのなら、そのことを教えてくれたらいいのに――と思ったが、私が気にしていることを由希子は知らないし、ましてや私宛の郵便物だから勝手にシートをはがす行為はしてはならないと考えたのだろう。

 さて、シートをはがしてみた。
 申告したときに、知らされていたとおりの金額が還付されていた。
 2人で2泊3日の旅行に行けるくらいの額。
 昨年は、2冊の本を出したので、これくらいの金額になった。

――と、喜んでいるのもおかしいのだ。
 実際、それくらいの金額を資料やら交通費やらで使っているのだから。

 でも、やはり、ちょっとうれしい春の日でした。



テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : 春の日 還付金 はがき 税務署 確定申告 ムスカリ

06:00  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME |  NEXT