07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2011.12.29 (Thu)

ビブリア古書堂の事件手帖



 由希子がよいというので、読んでみた。
 ほお、これは、癖になる。

 今年最後の本の紹介にふさわしいかな。
 いや、こんな本を読み始めたら、年末の作業が滞るかも。
 それくらい気に入った。

    『 ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』 三上 延

------------------------------------------------------------------
 鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。
 だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。
 これは“古書と秘密”の物語。
------------------------------------------------------------------


 いいよぉ。
 これはいわゆる「安楽椅子探偵」もの。

 文庫には4つのお話が入っていて、私は2つしか読んでない。
 でも、続きが読みたくてうずうずしている。

 なぜだか、五浦大輔に感情移入している。
 篠川栞子は、すこし年上。
 なんだか、『めぞん一刻』のような雰囲気。

 テレビドラマ化には、もってこいだと思う。
 華やかさには欠けるかもしれないけど……。

 今年10月には、『 ビブリア古書堂の事件手帖2 』も出ている。
 とりあえず、キープだな。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 篠川栞子 五浦大輔 安楽椅子探偵 古本屋 ビブリア古書堂 三上延 ビブリア古書堂の事件手帖

06:00  |  本の紹介  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)

Comment

きくちゃんへ

こんにちは。

じつは、すでに2巻目の2つ目の話に入っています。
読みたくてうずうずするというのは、いいですよね。

続きを早く読みたいけど、
そうすると残りがすくなくなるし、たしかに残念な気持ちになります。

星田直彦 |  2011.12.29(木) 12:27 | URL |  【編集】

私も読みました。

新聞の書評を見て、二巻目が出た直後に二冊とも読みました。


私自身「本好き」ということと、鎌倉には何度も行っていることもあって
すごく感情移入でき、あっという間に読んでしまいました。


まだ二つしか読まれていないようなので、詳しくは書きませんが

トリックということだけでなく、伏線がいくつも張り巡らされていて・・・

最近読んだ本の中で、面白さでは間違いなく一番です。
読んでいて残りのページが少なくなってくるのを残念に思ったのは久しぶりでした。
きくちゃん |  2011.12.29(木) 11:50 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/670-4e74211f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋。 そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。 残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。 接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。 人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、 いわくつきの古書が持ち込まれることも、 彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見て...
2014/07/02(水) 22:36:51 | 粋な提案

▲PageTop

 | HOME |