fc2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月  |HOME管理

2023.02.02 (Thu)

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 「ジュラシック・パーク」シリーズの6作目。
 前作の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)から4年後を描いている。

   ジュラシック・ワールド/新たなる支配者

------------------------------------------------------------------
〈ジュラシック・ワールド〉のあった島、イスラ・ヌブラルが火山の大噴火で壊滅、救出された恐竜たちは、世界中へと放たれてしまった。あれから4年、人類はいまだ恐竜との安全な共生の道を見出せずにいる。
 恐竜の保護活動を続けるオーウェン(クリス・プラット)とクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、人里離れた山小屋で暮らしていた。そこで二人が守っているのは、14歳になったメイジー(イザベラ・サーモン)、ジュラシック・パーク創設に協力したロックウッドの亡き娘から作られたクローンの少女だ。
 ある日、オーウェンは子供を連れたブルーと再会する。ところが、何者かによって、ブルーの子供が誘拐される。オーウェンはブルーに「俺が取り戻してやる」と約束し、クレアと共に救出へ向かう。
 一方、サトラー博士(ローラ・ダーン)は、世界各地から恐竜を集めて研究をしているバイオテクノロジー企業の巨人バイオシンをある目的から追っていた。そこへグラント博士(サム・ニール)も駆けつけ、マルコム博士(ジェフ・ゴールドブラム)に協力を求める。
 人類と恐竜の共存の前に立ちはだかる、バイオシンの恐るべき計画とは?
 オーウェンとクレア、そして3人の博士は大切な命とこの世界の未来を守ることが出来るのか?
------------------------------------------------------------------


 本作品で6作目だから、恐竜が登場する映画というサプライズは、すでに薄れている。 だとしても、安定の面白さでした。
 恐竜とのやりとりのハラハラはそのままに、人間とのやりとりにもウェイトが置かれています。

 グラント博士、マルコム博士、サトラー博士の再登場がうれしい。
 年は取っていますが、みんなかっこいい!
 まるで、過去の作品のヒーローたちが結集しているように感じ。



 147分

 今回の映画で、私がいちばん怖かったのは、巨大イナゴでした。
 あんなのに襲われたら、どうすればいいんだ?

関連記事
スポンサーサイト





テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/4847-a2d27fcb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |