fc2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2022.03.30 (Wed)

アイデンティティー



 なるほど! そうきたか!――を感じたくて見た映画。
 2003年、アメリカのサスペンス映画。

   『 アイデンティティー 』

------------------------------------------------------------------
 嵐により一軒のモーテルに閉じ込められた11人。極限の状況下、一人、また一人と惨殺され始める。残された誰もが疑心暗鬼になる中、彼らにある共通点があったことが判明する。
 一方、時を同じくして死刑を直前に控えた猟奇殺人鬼の再審理が行われていた。その彼にも同じ共通点が……。
 二つの事件が一つに繋がったとき、想像を絶する衝撃のラストが待っていた!
------------------------------------------------------------------


 アメリカの映画でモーテルが出てくると、私はなんとなく、ああ、殺人が起こってしまうなと思う。
 たいていそうなる。

 今回はモーテルに11人が集まって、どんどん死んでいく。
 現場にはモーテルの鍵の番号があって、10、9、8、……とカウントダウンされていく。
 なかなか巧妙な仕掛けだ。

 私には犯人はわからなかった。



 90分。
 勉強になったこと。
 こういう人数が減っていくサスペンス物は、途中でいなくなった者のなかに、犯人が紛れていることが多い。

 監督は、ジェームズ・マンゴールド。
 2023年には、『インディ・ジョーンズ5』が公開予定だ!

関連記事
スポンサーサイト





テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : インディ・ジョーンズ5ジェームズ・マンゴールドカウントダウン再審理猟奇殺人鬼モーテルアイデンティティー

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/4533-536ffd22

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |