FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月  |HOME管理

2020.03.21 (Sat)

アブラナと菜の花


   アブラナ
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 「アブラナ」と「菜の花」は、同じなのか?
 私は、違うと思っていた。

 この時期、歩いていると「アブラナ」をよく見かける。
 私はそれを「アブラナ」と思って「アブラナ」と言っているが、実は、実際には違う花かもしれないと思っている。
 というのは、アブラナ科の花は、似たような花を咲かせるからだ。
 だから、私の予想は、アブラナ科の花を「菜の花」と呼ぶというものだ。
 つなり、「菜の花」は、総称である――と考えていた。

 さあ、調べてみよう。
 ウィキペディアをどこまで信用していいのかという問題はあるが、ウィキペディアの情報を調べてみた。
 それによると……、

   菜の花は、アブラナ科アブラナ属の花の総称。
   特にアブラナまたはセイヨウアブラナの別名としても用いられる。

 正式名称を「菜の花」とする植物はない。
 やはり、総称だった。
 ただし、アブラナ科ではなく、アブラナ科アブラナ属の総称。

 さらに、「特にアブラナまたはセイヨウアブラナの別名」ともある。
 ということは、ここまで絞られてくると、アブラナを「アブラナ」と呼ぼうが、「菜の花」と呼ぼうが、それほど気にしなくていい。
 そういうことがわかった。

関連記事
スポンサーサイト





テーマ : 博物学・自然・生き物 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : セイヨウアブラナ アブラナ属 アブラナ科 菜の花 アブラナ

06:00  |  花、植物  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

アンギラスさんへ

こんばんは
いま、日本でよくみかけるアブラナは、
ニホンアブラナとセイヨウアブラナのどちらなのでしょうね?

タンポポのように、欧米化がかなり進んでいるのでしょうか?

星田直彦 |  2020.03.24(火) 19:19 | URL |  【編集】

日本と西洋

ざっくり、ニホンアブラナとセイヨウアブラナの2種類があります。
葉の付け根の形や花の付き方に違いがあり、心得ていればスグに区別できるそうです。

セイヨウアブラナは自家受粉ができるので1株だけでも種子を作りますが
ニホンアブラナは他の株からの花粉でないと受粉しません。

また大豆やゴマと比べ、単位面積あたり油が最も多く取れる効率の良い植物でもあります。
アンギラス |  2020.03.21(土) 12:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/3764-ce35511f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |