FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月  |HOME管理

2020.01.13 (Mon)

♪歌えなかったラヴ・ソング



 今年最初の「曲紹介」です。
 みなさん、覚えているから?
 ちょうど、『東京ラブストーリー』が放映中にリリースされています。

   織田裕二 『 歌えなかったラヴ・ソング 』
    作詞:真名杏樹  作曲:都志見隆
    歌詞

 この曲は、織田裕二の3枚目のシングル。
 リリースは、1991年の2月。

 織田裕二の人気に火が付いて、この曲も大ヒット――という見方もあるが、曲自体もとてもよい。主税を入れて作られているのがわかる。

   最終日のゼミは長く 俺たちは汗ばみながら
   胸の中で卒業までの日々を数えてた


 この歌の主は、大学4年生でもうすぐ卒業だとわかる。
 つまり、この曲は、『東京ラブストーリー』とは関係がない。

 でも、売れた、
 オリコンでは、最高3位。57.5万枚の売り上げを記録。

   90年代のラヴ・ソングを贈ろう
   消えちまったあの涙に 俺の中でそっとそっと


 「90年代」のところは、「ナインティーズ」とよむ。
 まさに、この曲が、「90年代のラヴ・ソング」。

 では、聞いてください。
 残念ながら、織田裕二がステージで歌っているという動画は見つからず、でも、下の動画なら雰囲気がわかると思います。



 織田裕二は、現在52歳。
 暴走族をやったり、刑事をやったり、外交官をやったり、キャスターをやったり、私たちを楽しませてくれている。

関連記事
スポンサーサイト





テーマ : 懐かしい歌謡曲 - ジャンル : 音楽

タグ : キャスター 外交官 暴走族 90年代 歌えなかったラヴ・ソング 織田裕二 東京ラブストーリー

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/3689-c3b585a5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |