FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月  |HOME管理

2019.12.20 (Fri)

米津玄師の漢字テスト:むずかしい訓読み(その5)


   「象る」と書いて、なんと読む? 答えは調べてね!
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 この「むずかしい訓読み」シリーズ、とても人気のようです。
 気をよくして、第5弾です。

 今回は、米津玄師の『アイネクライネ』から。
 そもそも、「玄師」を「けんし」と読むのだから、テストは難しいと思ってもらいたい――って、前にも言いましたね。

 今回集めた5問も「動詞」です。
 ぜひ、想像して読んでみてください。

--------------------------------------------------------------
 【問題】次の漢字の読みを書きなさい。

   ・綻ぶ
   ・彷徨う
   ・歪む
   ・彩る
   ・喚く
--------------------------------------------------------------

【 続きです! 】


 さて、答えです。

   ・綻ぶ:ほころぶ
   ・彷徨う:さまよう
   ・歪む:ひずむ(ゆがむ)
   ・彩る:いろどる
   ・喚く:わめく


 「歪む」は、「ひずむ」とも「ゆがむ」とも読めます。
 『アイネクライネ』の中では、「ひずむ」と歌われています。

 私はこの歌が大好きなので、「読めた」というよりも、「歌えた」という感覚です。
 では、曲を聴いてみましょう。



関連記事
スポンサーサイト





テーマ : 漢字 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 喚く 彩る 歪む 彷徨う 綻ぶ アイネクライネ 米津玄師 むずかしい訓読み 象る

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/3662-d52ac813

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |