FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月  |HOME管理

2019.11.05 (Tue)

横浜・馬車道


   横浜・馬車道
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 中村雅俊の『恋人も濡れる街角』の歌詞の中に、「馬車道」が登場する。
 横浜には、修学旅行で中学生を何度か引率してきているし、後に自分自身が横浜に住むことになったのだが、「馬車道」を意識して歩くのは、これが初めてだった。

 「馬車道」といっても、現在では、馬車を見かけることはない。車止めやマンホール、ベンチに「馬」を見つけられるくらいだ。
 しかし、こういう名前が残っているのだから、当然、馬車が走っていたのだろう。
 すこし、調べてみた。
 馬車が走っていた頃の「痕跡」もご覧ください。


   「馬」がいる!
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


【 続きです! 】



   「馬」がいる!
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 横浜開港後、関内のあたりは外国人の居留地だった。
 1866年の大火事で、街の大部分を消失。
 その後の都市計画の中で、外国人からの「馬車が通れる道にしてほしい」との要望を受けて、この道が整備されたのだそうだ。

 やがて、「待合馬車」というシステムが誕生。「乗り合いバス」みたいなものだな。最初は外国人が経営していていたのだが、やがて、日本人も参入。日本橋までを4時間で結んだそうだ。
 馬車道の隣の筋に、「牛馬飲水槽」が残されていた。


   牛馬飲水槽
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


関連記事
スポンサーサイト





テーマ : 横浜!YOKOHAMA! - ジャンル : 地域情報

タグ : 牛馬飲水槽 待合馬車 外国人の居留地 ベンチ マンホール 車止め 横浜 馬車道 恋人も濡れる街角 中村雅俊

00:10  |  神奈川  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/3617-2760a9df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |