FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月  |HOME管理

2018.12.07 (Fri)

エッシャー展


   ミラクル エッシャー展
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 大阪のハルカス美術館で開催中の「エッシャー展」に行ってきました。
 続き模様のような絵や無限に続くような階段、なんだか不思議な絵で有名な人ですよね。
 東京でもやっていたのですが、混雑を避けるために大阪での開催を待っていました。

 エッシャー(1898~1972)は、オランダ生まれの画家だったのですね。
 ほとんど、「不思議な絵」という知識だけしか持っていませんでした。


   Day And Night(1938)
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 エッシャーの作品を見てわかったこと。
 エッシャーは、不思議な絵ばかりを描いていたわけではない。
 しかし、どの絵も描写が細かいということは言えると思う。

 たくさんの絵を見て、解説も(いくつか)読んで、知らない言葉がたくさんあった。
 その中で気になったのが、この2つ。

   ・カウンタープルーフ
   ・メゾティント


 多分、美術用語だと思うのだけど、皆さんご存じですか?

【 続きです! 】



   マウリッツ・エッシャー(Wikipedia)
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 エッシャーの父は、日本で水力工学の技師として5年間働いていたそうです。
 父が持ち帰った日本の木版画が、エッシャーに影響を与えたのではという、まあ、もし、そうだったらうれしいなという説もあります。

 さて、2つの美術用語、調べたらわかりました。

--------------------------------------------------------------
・カウンタープルーフ
 刷ったばかりの版画の上に紙を載せて、プレスして、生乾きのインクを写し取ったもの
--------------------------------------------------------------


 わかります。
 刷りたての版画はべたべたしている状態ですから、その上に紙を載せると、まだ乾いていないインクを写し取ることができるわけです。
 こうやってできた「カウンタープルーフ」は、元の版木と同じ構図になるので、版木の修正箇所などの指示を書くときに便利だということです。


--------------------------------------------------------------
・メゾティント
版画の凹版技法のひとつ。
金属凹版にロッカーという櫛のような刃がついた器具で版全体に無数の刻みを入れたり、ささくれ状態の線をつくったりする。さらにその上をバーニッシャーやスクレーパーという金属のヘラのような器具でささくれを削ったりならしたりして絵を描き、刷る際にはインクを細かな刻みに擦り込んだ後に、刻みのない部分からは拭い落とす。これにより、刻みが残っている部分はインクの色が濃く現れ、刻みが削られたりならされたりした部分は白く浮き出るという効果が得られる。(Wikipedia)
--------------------------------------------------------------

 なるほど、そうだったのか!
 あの細かな無数の線は、一本一本描いていたわけではないのか!
 櫛のようなもので広い面積を一度に刻んでいたわけだ。
 そして、後から刻みを削ったりならしたりして「絵」を書くわけだ。
 よく考えるなこんな方法!
 すばらしい!


   野老朝雄デザインの缶バッヂ
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 ミュージアムショップで、ポストカード1枚と缶バッヂ1個を買いました。
 缶バッヂは、久しぶりの「ガチャガチャ」でゲットしました。

 野老朝雄さんのデザイン。
 確かに、エッシャーと近いものがあるような気がする。
 狙っていた図柄とは違っていたけど、それは仕方ない。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 野老朝雄 メゾティント カウンタープルーフ 不思議な絵 オランダ ハルカス美術館 ミラクル エッシャー展

00:10  |  芸術  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/3262-c8e2bbfd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |