FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月  |HOME管理

2018.11.15 (Thu)

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書



 原題は、『The Post』。
 第90回アカデミー賞の作品賞。
 いつかゆっくりと見たいと思っていたが、その「ゆっくりと」のタイミングがなかなかやってこないので、しびれを切らして見ることにした。

   『 ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書 』

------------------------------------------------------------------
 なぜ、アメリカ政府は、30年もの間、それをひた隠しにしなければならなかったのか――。

 1971年、泥沼化するベトナム戦争。国防総省はベトナム戦争を調査・分析した文書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」を作成していたが、ある日、その文書が流出し、ニューヨーク・タイムズが内容の一部をスクープした。
 ライバル紙に先を越されたワシントン・ポストのトップでアメリカ主要新聞社史上初の女性発行人キャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)と編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)は、残りの文書を入手し、全貌を公表しようと奔走する。
 政府を敵に回してまで、本当に記事にするのか……。報道の自由、信念を懸けた“決断”の時は近づいていた。
------------------------------------------------------------------


 これは、面白かった! 手に汗握った!
 こんな「戦い」があっただなんて!

 さすが、スピルバーグ!
 今回、すごいなぁと思ったのは、新聞ができるまでのシーン。
 パソコンなんてない時代だ。当時は、こうやって作っていたのかぁ。
 セットや小道具が、とても楽しませてくれた。



 116分

 メリル・ストリープ(アカデミー・主演女優賞受賞)やトム・ハンクスの演技は、もちろん素晴らしい。
 しかし、二人だけではない。
 DVDで見たから、「おっ」と思ったシーンは、何度も巻き戻して見てわかった。
 チームでの演技力がすごい。
 そう感じるところが、いくつもあった。

 私も一度でいいから、「映画」というものに、映画を作っているという雰囲気に触れてみたいと思った。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : スピルバーグ メリル・ストリープ トム・ハンクス ワシントン・ポスト ペンタゴン・ペーパーズ アカデミー・作品賞 最高機密文書

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/3239-533554be

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |