FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月  |HOME管理

2018.10.26 (Fri)

doe


   雌のシカ
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 いや、今更なんです。
 多分そういうことだろうとは思っていたのですが、一抹の不安があって調べてみました。

 ご存じ、『ドレミの歌』の冒頭の歌詞です。

   Doe, a deer, a female deer

 これを、日本語で書くと……

   ドゥ、シカ、雌のシカ

――ということだから、doe は、「雌のシカ」のことなんだろうなと。

 日本ではシカは野生でも存在してる。
 私のような奈良県民にしてみれば、シカは奈良公園にいっぱいいて、それはそれは身近な動物なのですが、それでも、雄のシカと雌のシカを別の言葉で表すようなことはしません。

 英和辞典で調べてみましたら、案の定、doe は「雌のシカ」でした。
 では、雄のシカは英語で何というのでしょう?

【 続きです! 】



   雄のシカ
    ※画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。


 雄のシカは、buck でした!
 buck も doe も、どちらも私の知らない単語でした。
 あ、でも、「Starbucks」のなかに、「buck」があるぞ。
 調べれば何か面白いことがわかるかもしれないな。

 ちなみに、『ドレミの歌』に日本語の歌詞をつけたのは、ペギー葉山。
 これは、かなり有名。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : Starbucks 奈良公園 雌のシカ deer doe ドレミの歌 buck ペギー葉山 雄のシカ

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

Comment

Hyaruさんへ

おはようございます。

そうか、「バックスキン」か!
言葉だけなら聞いたことがあります。
そういう意味だったのですね。

ありがとうございます!
星田直彦 |  2018.11.12(月) 11:44 | URL |  【編集】

バックスキン

雄鹿・buckの単語では、バックスキン(buckskin)がありますね。柔らかい羊のスェード皮なので、裏返しのbackの意味と間違われがちですが、もとは雄鹿の鹿革だったそうです。
Hyaru |  2018.11.06(火) 08:58 | URL |  【編集】

ふくろうさんへ

こんにちは。

確かに、雨に関してはたくさんの言葉がありますね。
でも、日本語で、動物に関して、細かく分けている例を
ぜんぜん思いつきません。
悔しいです。
星田直彦 |  2018.10.30(火) 16:05 | URL |  【編集】

りょうけんさんへ

こんにちは!

シカは本当にたくさんの単語があるのですね。
これは、日本語だと何にたとえればいいのかなと
考えているところです。

情報、ありがとうございました。
星田直彦 |  2018.10.30(火) 16:03 | URL |  【編集】

クワガタムシ

 僕はstag beatleでクワガタムシと覚えておりました。そうか、「雄牛」「雄鹿」か……。

 名前を細かく分けるのは文化と関心の違いでしょう。例えばアイドルグループでも、AKBのファンは48人全員を見分けられる一方で、別グループは一括りに「乃木坂の人」とだけしか捉えられないんじゃないでしょうか(勿論両方好きな人もいるでしょうけど)。

 僕達日本人は、生き物の雌雄はざっくりでしか捉えないけど、一方で農業民族だからか雨の分類は一冊本ができるほど細かい。Wikipediaを覗いてみたら何十と紹介されていて、途中で数えるのを断念したくらい載ってました(汗)
ふくろう |  2018.10.28(日) 08:03 | URL |  【編集】

英語での鹿の表現

中国だと、鳳凰や鴛鴦なんかも、雌雄の組み合わせですよね。
で、英語について、分からないとき、時々覗くところに、鹿についてありました。たくさんの表現がある理由は、分かりませんが…
http://upgradeourenglish.com/vocabulary/deer-expressions/
りょうけん |  2018.10.28(日) 01:56 | URL |  【編集】

atsuhiko moriさんへ

こんばんは。

STAG も雄牛のようですね。
びっくりしたのですが、調べてみたら、
まだ他にも「雄牛」を意味する単語がありました。

英語圏ではどれだけたくさんの使い分けをしているのでしょう?
それは一体、なぜなのか?
そこが気になってきました。

情報を、ありがとうございました。
星田直彦 |  2018.10.27(土) 22:54 | URL |  【編集】

雄の鹿

こんにちは、いつも楽しく拝読しています。

 学生時代に入っていた男性コーラスの名称はスタッグス(STAGS)だったと思います。牡鹿の意味と聞いていました。 綴りは間違っているかもしれません。
atsuhiko mori  |  2018.10.26(金) 18:06 | URL |  【編集】

土田さんへ

こんばんは。

stag party は、私も聞いたことがあります。
確かに stag も雄シカですね

しかし、辞書によると、
doeと対になっているのはbuckのほうでした。
シカの種類による分類があるのかもしれません。

シカの呼び方がたくさんあると言うことは、
狩猟で生計を立てていた人がおおかったのかなと思いました。
星田直彦 |  2018.10.26(金) 17:35 | URL |  【編集】

ふくろうさんへ

こんばんは!

虹を龍に見立てて、しかも雌雄で名前を分ける!
すごい発送ですね。
雄雌は、どこで区別するのかなと思いました。

虹が二重に架かることがありますが、大きい方がオスかな?
星田直彦 |  2018.10.26(金) 17:30 | URL |  【編集】

stag とも

小生は stag と覚えていました。多分 stag party 「男ばっかりのパーティー」の方を先に覚えて、はて、stag とは何だろう? と思って辞書を見て覚えたと思います。
土田滋 |  2018.10.26(金) 14:36 | URL |  【編集】

人力検索はてな

 検索してみたら、人力検索はてなに面白いものがありました。

URLはこちら:
http://q.hatena.ne.jp/touch/1093313466#more

 その他、にじ(rainbow)も雄雌で漢字を分けます。大陸ではあれを龍の一種と捉えており、雄を「虹」、雌を「霓」「蜺」と書くんだそうです。
ふくろう |  2018.10.26(金) 08:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/3217-7cb636e6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |