04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月  |HOME管理

2018.01.09 (Tue)

olive branch



 今年最初の英語表現です。
 2018年が穏やかな1年であることを願って、こんな表現を。

   hold out the olive branch

 これで定番の表現になっています。
 定冠詞の the が 不定冠詞の an になることもあります。

 olive branch は、もちろん、オリーブの枝。
 hold out は、ただ hold(~を手に持つ、握る)ではなく、それを out しているわけだから、「差し出す」って感じ。

 けんかしている二人の片方に、こんなアドバイスをすることがある。

   You have to hold out the olive branch.

 さて、どんな意味でしょうか?

【 続きです! 】




 こんな意味です。

   You have to hold out the olive branch.
   あなたが和議を申し出なければならない。


 「和議」という言葉が固ければ、「和解」とか「仲直り」とか。

 オリーブは平和の象徴。
 それを差し出すところからのイディオムですね。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 仲よく 平和の象徴 差し出す オリーブ イディオム

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

パスケルさんへ

こんばんは

なるほど、「ノアの箱舟」の話ですね。
そういえば、そんなことを聞いたことがありました。

でも、数ある鳥類や植物の中で、
なぜ、「ハト」が「オリーブ」をくわえてきたのでしょうね?
それも気になります。
やはり、何か意味があるのかな?
星田直彦 |  2018.01.13(土) 23:55 | URL |  【編集】

ノアの箱舟

ノアの箱舟のお話で、洪水が終わり、オリーブの枝をくわえて鳩が戻ってきたことから、地上から水がひいたことわかったのでした。この新しい世界の訪れをつげる姿から、ハトとオリーブは平和の象徴となったのだと思います。国際連合の旗にもオリーブが描かれていますね。
パスケル |  2018.01.11(木) 15:09 | URL |  【編集】

パスケルさんへ

こんばんは。

いろんなところに平和の象徴としての
olive branchが使われているのですね。

でも、どうして、olive branchが
平和の象徴としてふさわしいのかよくしりません。
知りたいですね。
星田直彦 |  2018.01.10(水) 23:16 | URL |  【編集】

Peace

このお話を読んで、ノアの箱舟の話、またPeaceというタバコのパッケージを思い出しました。
パスケル |  2018.01.09(火) 13:50 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2920-3af7dcfc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |