08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月  |HOME管理

2017.09.06 (Wed)

アリになった数学者



 月刊「たくさんのふしぎ」の2017年の9月号です。
 「たくさんのふしぎ」というのは、小学3・4年生向けの科学絵本です。
 繰り返します。「絵本」です。

    『 アリになった数学者 』   森田真生

------------------------------------------------------------------
 数や図形を便利につかう方法を教えてくれるのが「算数」。「数学」は、そもそも、その数や図形とはなにかと考える学問です。
 そんな「数学」の世界を探求する数学者は、ある日気がつくと、アリになっていました。数学者は、アリたちと数学について語りあいたいと願います……。
 さて、アリたちに人間の数学、「数」は理解されるのでしょうか? 数を通してこの世界をどう理解するか。アリたちが導くあたらしい数の世界へ。
------------------------------------------------------------------


 絵本で数学が扱われるのは非常に珍しいので、買ってみました。
 ほうほう、確かに数学。

 数とは何か?
 数はアリに理解できるのか?

 アリに理解できない「数」を通して、私たちが「数」とはなにかを理解するという仕組みの絵本です。
 かなり哲学的です。
 かなり詩的です。

 なかなか斬新な試みだと思います。
 楽しめました!

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 絵本 - ジャンル : 本・雑誌

06:00  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2789-00c6cfbc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |