09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2017.08.13 (Sun)

免許更新



 運転免許の更新に行ってきました。
 優良なドライバーですので、5年ぶり。
 今年が更新の年だということを、更新案内のハガキが届くまですっかり忘れていました。危ない危ない。

 午後の部の受付時間終了間際に行きました。
 そうすれば待たされる可能性が小さいだろうと……、当たりでした。

 視力検査もなんなくクリア。
 写真もまあまあの感じで撮ってもらえました。

 さて、5年前の更新ではなかったのに……、ということを経験しました。
 免許交付に当たって暗証番号を設定が必要とのこと。
 ICチップが内蔵されている感じです。
 でも、この暗証番号は、どんなときに使うのでしょう?

【 続きです! 】


 更新講習の際にもらったパンフレットにちゃんと書いてあった。

--------------------------------------------------------------
■暗証番号はどのような場合に利用しますか
・市町村、金融機関、電話会社、レンタル店等で、身分確認として免許証を提示した場合、「暗証番号を入力してください」と言われる場合があります。
・2つの暗証番号で、氏名、生年月日、本籍、住所、顔写真、免許証交付年月日、有効期間の末日、免許の種類、免許証番号等を確認することができます。
--------------------------------------------------------------


 由希子はすでにIC免許証を使用している。
 上記の2つの場合のどちらも利用したことがないと言っている。

 ちなみに、このIC免許証、いちばん最後に導入したのが鳥取県。それも5年以上前の話だから、私の5年前の更新のときにはすでにIC免許証になっていたはず。
 しかし、私は暗唱番号なんて利用した記憶がない。
 設定した記憶すらない。
 たぶん、記憶がどこかへ行ってしまったのだろう。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

タグ : ICカード免許証 暗唱番号 受付時間 視力検査 免許更新 運転免許証 優良運転者

00:10  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

アンギラスさんへ

おはようございます!
かっこいい紳士ですね!
星田直彦 |  2017.08.17(木) 08:56 | URL |  【編集】

免許の笑い話

大阪・門真の試験場で当時65歳くらいの紳士が筆記試験の合格者発表の場にいた。

定年退職後、免許を取ってドライブでもされるのか?と思い尋ねたら
「某ドイツ車に乗って高速道路を走ってたら、(高速安定性が良いので)知らぬ間に200kmくらい出てたのに気付かず100kmオーバーで一発免取を喰らった。」
「戦後スグに取った免許なので、大型自動二輪も乗れ、ハーレーでツーリングしてたけど、この年齢で再取得に行くのも面倒なので、ハーレーは息子に譲って車だけにする。」とのこと。

コレに懲りて、速度計を気にして走るようになっただろうし、さらに年齢が上がって運動能力が衰えてきたらバイクは危険だし、ちょうど良かったのでは?と思ってます。
アンギラス |  2017.08.15(火) 13:16 | URL |  【編集】

アンギラスさんへ

おはようございます。

あんまり大きな声では言えませんが、
私もその運転がすごくうまい人のような経験があります。
星田直彦 |  2017.08.15(火) 10:30 | URL |  【編集】

お忘れなく

免許の暗証番号なんて使ったことがありません。
免許の有効期限って元号で書いてあるから、ピンときませんよね。

昔、教習所に通ってた時、運転が凄く巧い人がいて
「なんで、こんなに巧いのに教習所へ来てるんですか?」と聞いたら、
更新は来年だと勘違いして更新を忘れて失効したまま【無免許運転】してて、更新しに行った警察署で指摘されたそうなw
アンギラス |  2017.08.14(月) 07:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2765-129869e7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |