09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2017.07.27 (Thu)

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊



 見てきました!
 『パイレーツ・オブ・カリビアン』の5作目!

 どうしてブラック・パール号はあんなに小さくなって、瓶に入ってるんだったっけ?
 だめだ、思い出せない。

   『 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 』

------------------------------------------------------------------
 孤高の海賊ジャック・スパロウと、ジャックへの復讐に燃える「海の死神」サラザールの因縁の対決を軸に、かつてジャックと冒険したウィル・ターナーとその息子ヘンリー、孤独な天文学者カリーナ、ジャックの宿敵バルボッサらの運命が交錯する。
 ジャック・スパロウに恨みを持つ「海の死神」サラザールが、魔の三角海域から解き放たれた。サラザールの復讐を阻止するには、「最後の海賊」だけが見つけ出せるという秘宝「ポセイドンの槍」を手に入れなければならない。
 一方、10年に1度しか陸に上がれない呪いをかけられたウィルの息子ヘンリーは、ポセイドンの槍を手に入れて父の呪いを解こうとジャックに近づく。(映画.com)
------------------------------------------------------------------


 ウィル・ターナーの息子やバルボッサが本格的に登場。
 これまでのストーリーがわかっていた方がよいはずなのに、思い出せない。
 そうこうしていくうちに、どんどん映画は進んでいく。
 思い出せなくても、もちろん楽しむことはできた。
 オーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイが再登場したのがうれしかった。

 映画の中に「ジャックおじさん」なる人物が登場。
 ストーリーにあんまり会計のない存在で「どうして?」と思った。
 映画の最後のスタッフロールで、ポール・マッカートニーの名前を見つけて、びっくりした。
 どういう経緯なんだろう?



 129分

 邦題は「最後の海賊」となっているが、原題は「Dead men tell no tales」。
 「死人に口なし」ということだな。
 だから、映画は5作目で「最後」というわけではなさそうだ。
 続きがあるような感じを十分に醸し出していた。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 映画館で観た映画 - ジャンル : 映画

タグ : ポール・マッカートニー ウィル・ターナー バルボッサ キーラ・ナイトレイ オーランド・ブルーム ポセイドンの槍 ジャック・スパロウ サラザール 最後の海賊

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2746-28c75804

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |