06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月  |HOME管理

2017.07.10 (Mon)

♪さよならのオーシャン



 杉山清貴&オメガトライブは、1985年12月のライブで解散。
 シングル曲はたったの7曲しかなかった――というのは、以前にブログに書いた。
 最後のシングルは、『ガラスのPALM TREE』。

 そして、翌年、杉山清貴はソロデビューを果たす。


   杉山清貴 『さよならのオーシャン』
    作詞: 大津あきら  作曲:杉山清貴
    歌詞

 この曲は、そういうわけで、杉山清貴の最初のシングル。
 1986年の5月にリリース。
 オリコン4位、『ザ・ベストテン』で3位にランクイン。

   引き潮の波が 八月の愛を今 飲み込むよ
   君が落とす助手席の涙 奪えずに走る


 作曲は本人。
 曲調は、なんとな~くオメガトライブに似ている。
 斬新さを出すより、まずは、これまでの雰囲気を踏襲したのだろう。
 杉山清貴が戻ってきたって感じを受けた。

   さよなら……オーシャン 愛の海
   泳いだ季節が戻るなら


 満を持して夏の歌で勝負ってことですね。
 久しぶりに聞いてみました。
 もしかしたら、30年ぶりくらいに聞いたかも。
 みなさんも、どうぞ!



 改めて聞いてみて、私は杉山清貴の声がよいと再認識しました。
 この頃の人気バンドのボーカルって、玉置浩二にしても、藤井フミヤにしても、ずば抜けて歌がうまいですよね。
 安心して聞けます。基本的にそうでなくっちゃいけません。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 男性アーティスト - ジャンル : 音楽

タグ : さよならのオーシャン 藤井フミヤ 玉置浩二 オメガトライブ ザ・ベストテン ガラスのPALMTREE 杉山清貴 杉山清貴&オメガトライブ

06:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2729-a81af080

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |