10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月  |HOME管理

2017.07.05 (Wed)

あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇



 今、NHKで高田郁原作の『みをつくし料理帖』をやっている(でも、もうすぐ最終回)。
 以前、フジテレビでやっていたときには主演が北川景子だったが、今回の主演は黒木華。
 私はこの人の名前を「はな」だと思い込んでいたが、これで「はる」と読むらしい。

 本の『みをつくし料理帖』は既にシリーズが完結しているので、私が今楽しみにしているのは、『あきない世傳 金と銀』シリーズ。
 今回はその3冊目。

    『 あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 』   高田 郁

------------------------------------------------------------------
 大坂天満の呉服商「五鈴屋」の女衆だった幸は、その聡明さを買われ、店主・四代目徳兵衛の後添いに迎えられるものの、夫を不慮の事故で失い、十七歳で寡婦となる。
 四代目の弟の惣次は「幸を娶ることを条件に、五代目を継ぐ」と宣言。果たして幸は如何なる決断を下し、どのように商いとかかわっていくのか。また、商い戦国時代とも評される困難な時代にあって、五鈴屋はどのような手立てで商いを広げていくのか。
 奔流に呑み込まれたかのような幸、そして五鈴屋の運命は?
 大好評シリーズ、待望の第三弾!
------------------------------------------------------------------


 いよいよ面白くなってきた。
 ようやく、主人公・幸の商才の発揮が始まったという感じ。

 しかし、幸が「できすぎ」なので、夫の惣次は少々おもしろくない。
 はじめはその程度だったのだが、だんだんプレッシャーに変わっていく。

 次の巻では私は予想しない方向に進んでいきそうで、それがなんだか怖い。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 奔流篇 五鈴屋 高田郁 あきない世傳 金と銀 北川景子 黒木華 みをつくし料理帖

06:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2724-a3c09bc6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |