04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月  |HOME管理

2017.04.25 (Tue)

騎虎の勢い



 久しぶりの故事成語シリーズ。
 今回はこれ!

   騎虎の勢い(きこのいきおい)

 この言葉、聞いたことはあった。
 漢字から想像して、「勢いが激しいこと」「動作が素早い」くらいの意味だと思っていた。
 だから「脱兎の如く」とほぼ同じではないかと……。

 でも、それは違っていた。
 私は寅年生まれだけど、認識が違っていた。

【 続きです! 】


------------------------------------------------------------------
 騎虎の勢い
 虎に乗って走る者が途中で下りることができないように、物事のゆきがかり上、中途でやめにくいことのたとえ。はずみのついた激しい勢い。(広辞苑)
------------------------------------------------------------------

 走り出したら、止まらない。止められない。
 それくらいの激しい勢いのことをいうのだ。

 私は虎に乗ったことも、馬に乗ったこともないが、虎というのは途中では降りることができないものなのか?

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : きこのいきおい 騎虎の勢い 故事成語 寅年 脱兎の如く 走り出したら止まらない

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

アンギラスさんへ

こんにちは!

馬には乗ってみよ――ですね。
乗ったことがありません。

そうか、馬で時速60kmは、すごいのですね。
星田直彦 |  2017.04.26(水) 20:26 | URL |  【編集】

ふくろうさんへ

こんばんは!

そうか!
食べられちゃうのか。
それは、降りられないですね。
星田直彦 |  2017.04.26(水) 20:24 | URL |  【編集】

語源から考えたら

ふくろうさんの説によれば、物事が、のっぴきならない事態まで進行してしまって辞めるに辞められない状態。って意味合いが強いのかな?

ちなみに馬には一度だけ乗ったことがあります。
一気に目線が2・5mくらいまであがって爽快でしたが、並足(ポックポック歩く)程度でもスピード感がありました。
競馬の騎手は、それを時速60kmで走るんですよ。自分なら卒倒してると思いますw
アンギラス |  2017.04.25(火) 19:20 | URL |  【編集】

 失礼します。
 デジタル大辞泉によると「途中で降りると虎に食われてしまうので降りられない」とのことですよ。
 降りるも地獄、乗るのも地獄(?)
ふくろう |  2017.04.25(火) 07:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2652-aa91d848

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |