05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2017.04.13 (Thu)

殿、利息でござる!



 このタイトルだ。
『超高速!参勤交代』のように、江戸時代に設定されたコミカルなストーリーなのだろうと想像していた。
 気軽に見られる映画も大切だ――そう思って見始めた。


   『 殿、利息でござる 』

------------------------------------------------------------------
 金欠のため、百姓や町人へ容赦なく重税を課していた仙台藩。中でもさびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿では、破産と夜逃げが相次いでいた。
 町の将来を心配する十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策を打ち明けられる。それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。計画が明るみに出れば打ち首確実。必要な資金は千両。現在の3億円という大金を水面下で集める、前代未聞の頭脳戦が始まった。
「この行いを末代まで決して人様に自慢してはならない」という“つつしみの掟”を自らに課しながら、さらに強欲お奉行の嫌がらせを乗り越えて、十三郎とその弟の甚内(妻夫木聡)、そして宿場町の仲間たちは、己を捨てて、ただ町のため、人のため、私財を投げ打ち悲願に挑む!
 ビンボー庶民の一世一代の大勝負! 結果はいかに―!?
------------------------------------------------------------------


 確かにコミカルなシーンはたくさんあった。
 気軽に見ることができた。

 ところが、この話は「実話」だという。

 実話となると、吉岡宿の窮乏ぶりは笑い事ではない。
 笑い事ではないストーリーなのだから、重い話にすることだってできたはず。
 それをコミカルにまとめているのだから、これはうまいと思う。
 とても面白かった。見てよかった。
 オススメです。



 129分

 家族で見ても問題ない映画。
 阿部サダヲ、瑛太がよかった。

 現在の大河ドラマの家康役の阿部サダヲにも期待したい。
 なお、阿部サダヲは、2019年の大河ドラマの主役の一人に決まっている。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : 瑛太 妻夫木聡 阿部サダヲ 穀田屋十三郎

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2639-075bcac6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |