04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月  |HOME管理

2017.04.07 (Fri)

天気記号

 そうそう、私は昔から天気図の記号が覚えられなかったのだ。
 ○、◎、●がどんな天気を意味しているのか、一度覚えてもすぐに忘れてしまうのだ。

 ところが、先日、ゼミ生が一度聞いたら忘れない、忘れようがない覚え方を教えてくれた。
 今日は、それを紹介したい。

 まずは、「快晴」「晴」「曇」の定義をざっくりと知っておいてほしい。
 もちろん、これらは空に浮かぶ雲の量で左右される。

   快晴……雲量が1以下
   晴………雲量が2以上8以下
   曇………雲量が9以上




 雲の量が8割でも「晴」というのだから、「晴」の幅はけっこう広い。
 もちろん、雲の量が少なくても、雨や雪が降っていれば、そのときは、「雨」「雪」となる。

 では、天気記号の覚え方に進もう!

【 続きです! 】



 日本の天気図で使われている天気記号は全部で21あるのだが、ここでは、その中でも主要な上の6つを覚えておこう。

 基本的な考え方として、○を「空全体」と考える。



 上の記号では、「空に雲一つない状態」だから「快晴」だ。



 ○に縦棒が1本。この縦棒は雲を表すと考える。
 「快晴の状態に空が一つ登場」したくらいだから、これは「晴」を表している。



 ○の中に小さな○。小さな○は、雲を表している。
 雲が占める割合が増えたから、これは「曇」を表す。



 ●は、空全体が暗い状態。「雨」だ。
 広く雨雲に覆われた状態をイメージして欲しい。



 ○の中に3本線。ここからは「雪の結晶」をイメージできる。「雪」だ。



 ○の下半分が黒い。ここから、「ポケモン」の「モンスターボール」を想起。
 「ポケモン」といえば「ピカチュウ」。
 「ピカチュウ」といえば「雷」。

 はい、とりあえず、これで6つは忘れそうにないですね。
 よいことを教えてくれました。
 学生に感謝です。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 博物学・自然・生き物 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ポケモン ピカチュウ モンスターボール 天気記号 雲量 天気図

00:10  |  雑学 ★雑木話★  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

宇美浜りんさんへ

こんにちは。

覚えやすいですよね。
あ、でも、発表してくれた学生のアイデアではないと思いますよ。

しかし、こういうのを見つけて、教えてくれるセンスはいいですよね。
星田直彦 |  2017.04.08(土) 11:24 | URL |  【編集】

晴れの範囲が広すぎ?

雪までは想像できましたが、雷のピカチュウは予想外でした。でも覚えやすい。
こういう発想ができる学生を大事にして、伸ばしていってほしいと思います。
あと、晴の範囲がかなり広いですね。8割曇ってても「晴」って。
テストで、100点から90点を「優秀」
80点から20点を「良い」
10点から0点を「もっとがんばれ」にしたとしたら
20点で「良い」点数とは実感できないし。
なお夏休みに天気をつけるときは、5割くらい雲があったら「曇」にしてた気がします。
宇美浜りん |  2017.04.07(金) 09:43 | URL |  【編集】

souuさんへ

おはようございます。

「このように考えると、覚えやすい」ということです。
雷の記号は、モンスターボールだと思うと想い出しやすいだろうということです。

雷以外の記号の覚え方も、同様です。
でも、とてもうまくできているので、たぶん、雷以外の5つの記号の由来は正しいのではないかと思っています。
星田直彦 |  2017.04.07(金) 09:32 | URL |  【編集】

3本線の雪のマークは見たことがないように思います。
そう言えば最近、奈良は雪が殆ど降りませんね。
ポケモンからピカチュウって これは本当ですか?
souu |  2017.04.07(金) 05:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2633-ac2bc215

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |