05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2017.03.22 (Wed)

ドミノ



 『蜜蜂と遠雷』で直木賞を受賞した恩田陸(おんだ りく)の本。
 由希子はこれまでに恩田陸の本を何冊も読んでいるのだが、私はこの本が初めて。

 まあ、次から次に事件が起こって、落ち着くときがないはちゃめちゃなストーリーでした。


    『 ドミノ 』  恩田 陸

------------------------------------------------------------------
 7月のある蒸し暑い午後、営業成績の締め切り日を迎え色めき立つ生命保険会社から、差し入れ買い出しのためにOLが東京駅に向かって走りだす。
 ここを物語の出発点として、ミュージカルのオーディションを受ける母娘、俳句仲間とのオフ会のため初めて上京した老人、ミステリーの会の幹事長のポストを推理合戦によって決めようとする学生たち、従妹の協力のもと別れ話を成功させようともくろむ青年実業家、訪日中のホラー映画監督など、さまざまな人間が複雑に絡みあうなかで、物語は日本中を揺るがす大事件へと発展していく。
------------------------------------------------------------------


 とにかく登場人物が多い。20人をゆうに越える。
 彼らがそれぞれの立場で重大な局面にいて、重要な役どころだから面白い。

 場所は東京駅。
 小説を読む前に、東京駅の地図を簡単に頭に入れておくとよいと思う。

 キーアイテムは「どらや」の紙袋。
 この紙袋がいくつもあって、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、入れ替わったり……。
 私は気をつけて読んでいたにもかかわらず、その所在がわからなくなった。
 悔しい!



 この小説を読めば、人情の機微に触れることができるというものではありません。
 そういう話ではないですが、爽快感はあります。

 『24』風にドラマか映画でやったら面白いと思います。
 『ドミノⅡ』もどこかで連載中とのこと。これも読んでみたい!

 さて、話の中で、重要な役割を担うポストがあります。
 先日東京駅に行ったときにそのポストを探し回ったのですが、見つかりませんでした。 撤去されてしまったのかな?

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ポスト 紙袋 東京駅 恩田陸 蜜蜂と遠雷 ドミノ おんだりく 直木賞

06:00  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2616-7b5ee60b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |