05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2017.01.12 (Thu)

ちはやふる -上の句-



 百人一首がヒット漫画になったり、映画になったりするんですね。
 それだけでもびっくりなのに、この映画、とても楽しめたのです!

   『 ちはやふる -上の句- 』

------------------------------------------------------------------
 強くなる、青春全部かけて……。
 千早(ちはや)・太一(たいち)・新(あらた)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた"でいつも一緒に遊んでいた。
 千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が引っ越し、離ればなれになってしまう。
「新にもう一度会いたい、会って『強くなったな』と言われたい」。
 千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が色づき始める。
 高校生になった千早は、新に会いたい一心でなんとか部員を集め、“競技かるた部”を作り、全国大会を目指す。
 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、かるた部の一員となる太一。彼もまた、新に勝たなければ前に進むことが出来ない。「千早に自分の気持ちを伝えたい」。
 千早、太一、新、そして瑞沢高校競技かるた部の、まぶしいほどに真っ直ぐな想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る……。
------------------------------------------------------------------


 乗りに乗ってますね、広瀬すず。
 まっすぐに突き進む役もできるし、影のある役もできるし、素晴らしいなと思います。

 私は百人一首が好きで、けっこう暗記はしているのですが、この映画は1首も知らないという人でも楽しめるようにうまく作られています。

 実際の「競技かるた」では、あんなふうに札が読まれるのですね。
 私は上の句から下の句へ続けて読むものだと思っていました。
 でも、よく考えてみれば、「競技」のレベルなのですから、上の句だけで札は取られてしまうのです。下の句まで読んで札を探すなんてことはないのです。

 実際は、下の句を読んだ後に、次の札の上の句を続けて読むのですね。
 短距離走で言えば、下の句が次の句の「位置について、用意」にあたるのですね。
 知らなかった~。勉強になりました。



 111分。

 漫画や映画の設定では、主人公の千早にはお姉さんの千歳がいて、そのお姉さんはモデルをやっている。
 で、そのお姉さんを広瀬アリス(広瀬すずの実姉)がやっているという、なかなかの配役。


 早く「下の句」を見たくなりました。
 あ、そうそう。主題歌は、Perfumeの「FLASH」。
 なるほどね~と今頃思いました。



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : FLASH Perfume 広瀬すず 広瀬アリス かるた部 競技かるた 太一 千早 ちはやふる 上の句

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2545-ae9658f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |