09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2016.12.16 (Fri)

「新宿」とは?


   ※川崎宿(歌川広重『東海道五十三次』より)
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 わかっていたようで、実はわかっていなかった――ってこと、けっこうありますよね。
 今日は、「そうか! そういうことだったんだ!」と私が納得したお話。
 目から鱗が落ちるってやつです。

 「新宿」の話です。
 「新宿」といえば東京都庁があるところです。有名です。

 でも、よ~く考えてみると、これは「新しい宿(宿場)」ということですから、どちらかというと普通名詞です。普通名詞が、固有名詞になったと考えられます。

 今まで「館」がなかったところに「館」ができたら、それは「新館」。
 同様に、今まで「宿(宿場)」がなかったところに「宿(宿場)」ができたら、それは「新宿」なのです。

 では、新宿のほかにも「新宿」があったのか?

 答えはYES。
 たとえば、東海道ははじめから53の宿場が設置されていたわけではなかったのです。遅れてできた宿場「新宿」もあったのです。
 ここもそうでした。


   ※旧東海道
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


【 続きです! 】



   ※旧東海道
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 川崎宿がそうでした。
 日本橋 → 品川 → 川崎 → 神奈川 → ……。
 東海道の2番目の宿場ですが、東海道の開設当初(1601年)には、正式な宿場とはなってなかったそうです。

 品川-神奈川間の距離がとても長くて伝馬の負担が重かったので、1623年に新しく設置された宿場です。

 今で言えば、何になるのだろう?
 高速のパーキングエリアができたようなもの?
 いやいや、それよりももっと重要だな。ちょうどいいたとえが浮かばない。


   ※川崎宿
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 神奈川 - ジャンル : 地域情報

タグ : 品川 神奈川 宿場 パーキングエリア 東京都庁 新宿 東海道五十三次 歌川広重 川崎宿

00:10  |  神奈川  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

souuさんへ

おはようございます。
そして、ご意見、ありがとうございます。

じつは、souuさんと同じように考えたことがなんどもあります。

HPでは、記事を残しておけます。
blogの性格だと、記事は「今」を求められます。
そういう意味では、私の流す内容もブログ向きではないなと感じています。
Facebookとなるとなおさらです。

そんなふうにかんじているので、「今」の性格が強い内容の場合は、Facebookにも載せるようにしています。

今回の場合は、川崎に行ったのは、すこし前のことなので、Facebookには載せませんでした。

でも、難しく考えなくても良いのかもしれません。
試行錯誤してみます。


星田直彦 |  2016.12.17(土) 10:37 | URL |  【編集】

新宿

一つのことからドンドン疑問が湧き その答えを調べる
これが一番物知りになるのですね。
他人から教えられるのはすぐ消えてしまいますね。
先生は その場を尋ねられているのですネ
いつも乍ら素晴らしいですね。これはblogだから出来ることで
Facebookでは?って思いますが・・・如何でしょうか?
souu |  2016.12.16(金) 06:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2516-8aae62d7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |