07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2016.12.11 (Sun)

日本最古のりんごの樹


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 青森といえば、リンゴ。たくさんのリンゴの木を見た。
 リンゴの木を初めて見たわけではないのだが、一つの枝にこんなにたわわに実がなっているのを見ると、何度でも驚いてしまう。
 赤くておいしそうなりんごだ。

 つがる市。
 道路脇に「日本最古のりんごの樹」の看板を見つけた。
 気になって仕方がない。「最古」ですから!
 その看板の指示に従って、進むことにした。

 すぐに着くだろうと思っていたのだが、なかなか着かない。
 行っても行っても、矢印の書かれた看板が続く。
 そして、ついに見つけた!


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


【 続きです! 】



   ※日本最古のりんごの樹
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


   日本最古のりんごの樹
   http://www.aptinet.jp/Detail_display_00000547.html

 「日本最古」とされているりんごの樹は3本あった。
 明治11年(1878)に栽植されたりんごの樹だ。
 「紅絞」が2本、「祝」が1本。どれも、青森県の天然記念物に指定されている。

 その最古のりんごを買ったわけでも食べたわけでもないのだが、その場所に行けたのでなんだかとっても満足。


   ※日本最古のりんごの樹・紅絞
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   ※日本最古のりんごの樹・祝
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 青森県情報 おもしろ情報 - ジャンル : 地域情報

タグ : 紅絞 日本最古のりんごの樹 つがる市 リンゴ 青森

00:10  |  東北  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

アンギラスさんへ

こんばんは。

実生で増やすのは難しいのですね。
確実性なら接ぎ木なのですね。
初めて知りました。

ありがとうございます!
星田直彦 |  2016.12.13(火) 18:57 | URL |  【編集】

リンゴの増やし方

果樹は交雑性が強いので、種子で増やすと親の木と違った実が成ることが多いです。
その「ニュートンのリンゴ」の種を蒔いても、同じ遺伝子の実が成るとも限りません。
また、柿は甘柿の種をまいても、ほとんどの場合、渋柿が成ります。

ですので、産地ではリンゴも柿も「接木」で増やします。
アンギラス |  2016.12.12(月) 20:38 | URL |  【編集】

Hoshiyanさんへ

おはようございます!

それは、本当に惜しいことをしましたね。
きっとまたの機会があると思います!
星田直彦 |  2016.12.12(月) 08:30 | URL |  【編集】

ニュートンのリンゴ

以前、産業技術総合研究所つくばセンターに訪問した時、敷地内に同研究所がイギリスから譲り受けたというニュートンが万有引力を発見するヒントになったリンゴの木の子孫が植樹されていることを知りました。

さっそく、見学に行くとリンゴの実がたわわに実っており、幾つかの実は地面に落ちており、その一つが道路まで転がってきていました。

そのリンゴの実は、ところどころ腐食していたので、私は”豊富?&正確?”な法律の知識を活かし、それを「遺棄物」と判断し持ち帰りました。(笑)

そのリンゴの実のなかには種があるはずで、我が家にニュートンのリンゴの木が生えることになりました。いや、生えるはずでした。

翌日、迂闊にもそのリンゴの実について家内に説明せず、冷蔵庫に入れて会社に行ってしました。そして、会社から帰ってくると、冷蔵庫に入れておいたニュートンのリンゴがありません。

驚いて、家内に聞くと、「腐っていたからそのリンゴは捨てたよ」と言いますので、「あれはニュートンのリンゴだ」と説明しました。

しかし、ニヤニヤされて「ハイハイ分かりました」と、取り合ってくれません。自分が悪いので、泣く泣く諦めた次第です。
Hoshiyan |  2016.12.11(日) 07:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2508-681013f2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |