09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2016.11.28 (Mon)

♪俺ら東京さ行ぐだ



 ここのところ、青森県の話題を多く紹介しているので、それに便乗して今日はこの曲!
『俺はぜったい!プレスリー』といい、この曲といい、この人のコミックソングは面白いと思っていました。
 でも、面白いだけではなくて、真面目に曲を作っているなぁと感じていました。


   吉幾三 『俺ら東京さ行ぐだ』
    作詞・作曲:吉幾三
    歌詞

 この曲は、1984年の11月にリリース。
 なんと、歌っている本人の作詞・作曲。
 じつは、『雪國』だって、『酒よ』だって、吉幾三の作詞・作曲だ。

   テレビも無エ ラジオも無エ
   自動車もそれほど走って無エ
   ピアノも無エ バーも無エ
   巡査毎日ぐーるぐる


 ウィキペディアによれば、「邦楽史上初めて日本語詞ラップを取り入れた楽曲のヒット」ということらしい。
 言われてみればそうだ。たしかに、この曲はラップで始まっている。
 この曲が「邦楽史上初」だとしたら、これはなかなか画期的ではありませんか!

 では、久しぶりに聞いてみましょう!
 金木駅で歌っている様子を見つけました!



 主人公が田舎から東京で出ようというわかりやすい歌詞。
 でも、「嫌だ、嫌だ」といいながら、故郷が大好きなんだなとわかるオチになっている。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 懐かしい歌謡曲 - ジャンル : 音楽

タグ : ラップ テレビも無エ 作詞・作曲 酒よ 雪國 俺ら東京さ行ぐだ 吉幾三 俺はぜったい!プレスリー 青森県

06:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2495-2dd487b5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |