05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2016.11.08 (Tue)

鶴岡八幡宮の参道


   ※鶴岡八幡宮
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 久しぶりに鎌倉へ。
 鶴岡八幡宮に向かう参道は、その両側に一方通行の道路が走っている。
 というよりも、中央分離帯が参道になっているというほうがわかりやすいか。

 昨年は二度、鶴岡八幡宮を訪れたのが、そのときは参道が工事中で歩けなかった。
 だから、いつか歩きたいと思っていた。

 今年の3月に工事が終わったので、やっと歩くことができた。
 ただし、今回は、鶴岡八幡宮から駅に向かって歩いた。


   ※鶴岡八幡宮の参道。遠くに鶴岡八幡宮が見えます。
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 上の写真を撮ったポイントでは、参道の高さが両側の道路よりも1mくらい高い。
 不思議に思った。
『ブラタモリ』なら、どうしてこんなことになっているのか解明してくれるのだろうが、私にはわからなかった。

 それにしても、この歩道、なんだか味気ない。
 なんか工夫ができなかったのかなあ。

【 続きです! 】


 あとで地図を見たら、私が単に「参道」と呼んでいた道は、「若宮大路」という名前があった。
 一段高くなっている作りは「段葛(だんかずら)」と呼ばれているそうな。

 先ほど「工夫がない」と書いたが、実はかなり工夫されていると知った。「遠近法」が用いられているらしいのだ。
 参拝する人が鶴岡八幡宮を「遠く」に感じるための工夫だ。
 悪口を言って、すみません。謝ります。


   ※鶴岡八幡宮の参道  逆光ですみません!
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 なんと、若宮大路の道幅は、鶴岡八幡宮に近づくほど道幅が狭くなっているそうな(二の鳥居付近で4.5m、三の鳥居付近では2.7m)。
 上の写真は、八幡宮前の横断歩道。三の鳥居のすぐ前の横断歩道だ。この写真と2枚目の写真を比べれば、参道の幅の違いがわかる。

 さらに、段葛の両側の土手の高さも、鶴岡八幡宮に近づくほど低くなっているそうな!
 これも写真を見比べればわかる。たしかに、参道面の高さと車道面の高さが同じだ。
 悔しいな。歩いていても、そんなこと全然気がつかなかった!

 でも、鶴岡八幡宮が遠くに見えると、どういうところがよいのだろうか?
 なかなかたどり着かないように思えて、ステイタスが上がるのかな?

 いや、それでもやっぱり、歩道面に何か模様くらい欲しかったな。ここを歩くのが楽しくなるような……。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 神奈川 - ジャンル : 地域情報

タグ : 遠近法 段葛 若宮大路 ブラタモリ 中央分離帯 参道 鎌倉 鶴岡八幡宮

00:10  |  神奈川  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2475-bfd0b39a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |