09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2016.10.23 (Sun)

三条大橋・駅伝の碑


   ※三条大橋からの眺め
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 京都の三条大橋は、これまでに何度か渡っているのだが、これは初めて見たような気がする。

 なになに、「駅伝の歴史、ここに始まる」だと!
 日本で最初の駅伝が、ここ、京都・三条大橋をスタートに行われたそうな。へぇ~、これは知らなかった。

 しかし、詳しく文面を読むとびっくり!
 私の思い浮かべる駅伝とは、かなりスケールが違っていた!

【 続きです! 】



   ※駅伝の歴史、ここに始まる
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


--------------------------------------------------------------
 駅伝の歴史ここに始まる

 我が国, 最初の駅伝は,
 奠都50周年記念大博覧会「東海道駅伝徒歩競走」が
 大正6(1917)年 4月27日、28日、29日の
 3日間にわたり開催された。
 スタートは、ここ京都・三条大橋、
 ゴールは,、東京・上野不忍池の
 博覧会正面玄関であった。
--------------------------------------------------------------


 ウィキペディアによれば、京都ー上野間のを23区間に約508kmを23区間に分けて、昼夜問わず走り続けたらしい。
 写真をよく見てみたら、23の区間がわかるようになっていた。しかし、残念ながら写真からは読み取れなかった。


   ※だめだ、23区間が読み取れない。

 不忍池のほとりにも「駅伝発祥の地」の碑があるそうな。見てみたい!

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : マラソン大会 - ジャンル : スポーツ

タグ : 上野不忍池 東海道駅伝徒歩競走 最初の駅伝 駅伝の歴史 駅伝 三条大橋

00:10  |  京都  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

アンギラスさんへ

おはようございます。

たしかにそうですね。
スピードはそんなに速くない。
きちんと計算してみればよかったです。

でも、期間といい、距離といい、昼夜問わずといい、ビッグなスケールであることは確かです。
23人もランナーをそろえるのも大変だと思います。
星田直彦 |  2016.10.24(月) 11:04 | URL |  【編集】

全然、速くはなかった。

京都~東京500km以上、昼夜ぶっ通しで走る!というと凄いように思いますが、
記録は41時間44分だったそうで、508km÷41時間44分=約12・2km/h
10kmを約50分、マラソン(42・2km)に換算すると約3時間28分ですから、
現代なら普通の高校陸上部の2~30kmレースを経験してる選手レベルなら余裕で優勝できるタイムです。
アンギラス |  2016.10.23(日) 21:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2459-4e7259e9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |