05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2016.08.18 (Thu)

チルドレン



 伊坂幸太郎のファンに代表作を尋ねると、まずは、『チルドレン』、「死神」シリーズ、「ギャング」シリーズから始めるとよいと教えてくれた。

 伊坂幸太郎の本は何冊かは読んでいる。しかし、私は上記のどれも読んでいない。
 まずは、『チルドレン』から始めてみた。


    『 チルドレン 』   伊坂幸太郎

------------------------------------------------------------------
 こういう奇跡もあるんじゃないか?
 まっとうさの「力」は、まだ有効かもしれない。信じること、優しいこと、怒ること。それが報いられた瞬間の輝き。ばかばかしくて恰好よい、ファニーな「五つの奇跡」の物語。
 短編集のふりをした長編小説です。帯のどこかに「短編集」とあっても信じないでください。
------------------------------------------------------------------


 この本を読んで、まず言いたいこと!
 登場人物の一人、陣内がよい!
 よくもまあ、こんなキャラクターを生み出すものだ。

 この本には、5つの短編が入っている。
 しかし、どれも、「え、そんな結末ってあるの?」って感じ。

 私はもちろん、本に収められている順番に読んだのだが、最初の話から「え?」っとなった。
 だって、銀行強盗の話なのに、それが考えられない展開で結末を向かえる。

 2つ目の話は、当然、銀行強盗のその後の話かと思いきや、陣内のその後の話になっていて……。
 う~、面白すぎる!

 2005年の本屋大賞入賞作。早く読めばよかった!
 続編の『サブマリン』が出ているそうな。もちろん、読む!

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 本屋大賞入賞 サブマリン 短編集 陣内 「陽気なギャング」シリーズ 「死神」シリーズ チルドレン 伊坂幸太郎

06:00  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2393-32b1869a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |