04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月  |HOME管理

2016.07.05 (Tue)

明智光秀胴塚


   ※明智光秀像(本徳寺蔵)

 明智光秀の「胴塚」というものがあるらしい。
「首塚」ではなく、「胴塚」だということだから、光秀の首は介錯されて、家臣が首だけを持って逃げたのであろう。

 では、胴体はどうなったのか?
 胴体を持ち歩くのは大変なので、とりあえず、埋めるしかなかったのだろう。
 光秀の胴体が埋められたとされる場所に、「胴塚」が立てられている。

 で、その「胴塚」を探してみた。

【 続きです! 】


 京都市営地下鉄東西線の小野駅から地図を見ながら歩く。
 近くまで来ているはずなのだが、なかなか見つからない。
 しかし、「見つからない」ことにイライラ来てはいけない。むしろ、すぐに見つかってしまっては、面白みに欠ける。


   ※明智光秀胴塚
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 ようやく見つけた胴塚は、「こんなところに!」というところにあった。
 近くに住んでいる人でも知らないかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 小野駅 介錯 首塚 胴塚 明智光秀

00:10  |  京都  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2347-f5f39320

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |