05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2016.06.17 (Fri)

朽木は彫るべからず


   ※今年咲いた我が家のクレマチス。本文とは関係ありません。

 故事成語がたくさん載っている本を読んでいる。
 自分の知らない言葉ばかりで、なんだかとっても悔しい。

 悔しいから、意味を想像してから、続きを読むという形にしている。
 たとえば、次の故事成語

   朽木不可彫
   朽木(きゅうぼく)は彫るべからず


 これって、故事成語っていうよりもことわざのように思えるのだが、どうやって両者を区別するのだろう? よく分からなくなってきた。

 この言葉の出典は『論語』。孔子が言ったことに基づくらしい。
 さて、どういう意味か想像できますか?

【 続きです! 】


   朽木不可彫
   朽木は彫るべからず


 「朽木」とは、文字通り「朽ちた木(腐った木)」。
 そんな木に彫刻することはできない。
 つまり、「やる気のない者に、教えることはできない」という意味。

 う~ん、厳しい言葉だなあ。
 でもなぁ、児童、生徒、学生の全てがやる気があるわけじゃないからなぁ。
 将来、化けるかもしれないしなぁ。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : ことば - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 朽木は彫るべからず 孔子 論語 ことわざ 朽木不可彫 故事成語

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

ゆきさんへ

こんにちは

ほんとうに、若者には期待したいですね。
失敗もしますが、ものすごい行動力を見せることもあります。
すばらしいと思います。
星田直彦 |  2016.06.18(土) 13:34 | URL |  【編集】

りょうけんさんへ

こんにちは

「勉強」と「学習」の違いって、そういうことだったのですね。
なるほどなと思いました。
星田直彦 |  2016.06.18(土) 13:29 | URL |  【編集】

教え3671

若者の限りない可能性、将来性を
孔子様は 後世畏るべし と申しております。

また、挫折しそうなお弟子さんに
今、汝は画れり と励ましております。
      かぎ
お弟子さんの性格、能力に応じて
ときには厳しく、ときには優しく。
ゆき |  2016.06.17(金) 22:30 | URL |  【編集】

朽木

「やる気のない者に、教えることはできない」のだから、教えるためには、やる気を持たせなければならないのでしょう。
やる気のないものにさせるのが『勉強』で、やる気があれば『学習』しますからね。
りょうけん |  2016.06.17(金) 22:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2329-974199ec

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |