05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2016.05.12 (Thu)

カサブランカ



 なにしろ1942年の映画。私は生まれていない。
 だからというわけではないのだけど、どうせそんなに面白くないのだろうと高をくくっていました。

   『 カサブランカ 』

------------------------------------------------------------------
 そこは自由を求める人々、最後の拠り所。運命が交差する場所。ナチスに追われるレジスタンスの指導者ラズロ(ポール・ヘンリード)は、カサブランカを経営するリック(ハンフリー・ボガート)を頼って店に現れる。
 リックはシニカルな性格のアメリカ人で、他人の面倒ごとには首を突っ込みたがらない。ましてや、ビクターの妻がかつて彼が愛してやまなかった女性イルザ(イングリッド・バーグマン)であるなら、なおのことだった。
 苦悩するイルザは、自らの身と引き換えにラズロを亡命させてくれるよう懇願する。愛する女性と多くの命への責任を背負い、重大な選択を迫られるリック。運命の時は刻一刻と近づいていた……。
------------------------------------------------------------------


 1942年といえば、日本は戦時中。
 そんな頃の映画を見られるなんて、まず、そのことに感動。
 さすがにこの映画の日本での公開は戦後の1946年6月。

 映画のタイトル、音楽、そして、ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマンが出ていること、また、いくつかの名台詞しか知らなかった。
 こんなストーリーだったんだ!
 最後のどんでん返しも、なかなか粋でした。

  102分

 さすがのアカデミー作品賞。
 見てよかった!



 "Here's looking at you, kid."
 「君の瞳に乾杯」

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : 君の瞳に乾杯 アカデミー作品賞 イングリッド・バーグマン ハンフリー・ボガート レジスタンス カサブランカ

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2293-cc5cb6df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |