05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2016.04.04 (Mon)

♪涙のtake a chance



 風見慎吾のデビュー曲は、『僕笑っちゃいます』(1983.5)。
 もう1曲、有名なのがこれ。
 悩んだ末、こちらを紹介します。


   風見慎吾 『涙のtake a chance』
     作詞:荒木とよひさ  作曲:福島邦子
    歌詞

 『涙のtake a chance』は、1984年の12月にリリースされた4枚目のシングル。
 この曲のウリは、なんといってもブレイクダンス。
 よくまぁ、こんなに踊りながら歌えるもんだ。
 だから、息づかいかが荒かったり、聞き取りにくかったり……、それもまた「本当に踊りながら歌っている」ということを感じ取れてよかった。

 ということは、激しく踊りながら歌うと、歌としては成り立たなくなってくるということで、だから、歌とダンスを両方楽しんでほしい場合は複数で「分業」せざるを得ない。 これがのちの trf や ZOO、EXILE を生む下地になったのかもしれない。



 あるいは、歌うのをあきらめるという手段もある。
 ダンスに集中して、歌のほうはその振りだけにしてもいい。
 いわゆる「口パク」ってやつ。
 そういう系譜もあるかもしれないなぁ。

 『僕笑っちゃいます』も聞いてみますか?

【 続きです! 】


   風見慎吾 『僕笑っちゃいます』
    作詞:欽ちゃんバンド+森雪之丞  作曲:吉田拓郎
    歌詞



 星野仙一さんがスタジオと電話で話をしています。
 面白い!

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 男性アーティスト - ジャンル : 音楽

タグ : 口パク EXILE trf ブレイクダンス 風見慎吾 僕笑っちゃいます

06:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2255-f26b35d0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |