05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2016.03.22 (Tue)

染井吉野

   世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし
   在原業平


 私たちがもっとも頻繁に目にしている桜の品種は、たぶん、ソメイヨシノ。
 ソメイヨシノはほぼ全てがクローンで、だから、同じ地域のソメイヨシノは一斉に咲き一斉に散るのだ――と聞いたことがある。


   ※西福寺



 昨年、「染井吉野の里」の碑があるお寺、西福寺に行った。
 西福寺は、東京都豊島区駒込にある。
 このあたりは、昔、染井村だった。

 そう、「ソメイヨシノ」の「染井」は、地名だ。
 では、「ヨシノ」は?

【 続きです! 】


 江戸の終わりから明治の始め、染井村で造園業を営んでいた人たちによって育成された品種が「染井吉野」。
 当初は桜が有名な奈良県の吉野山にちなんで、「吉野」や「吉野桜」として広まったのだが、吉野の桜はヤマザクラ。「染井吉野」は、ヤマザクラではない。
 混同されるのを避けるため、「染井吉野」という名前に変えたそうだ。

 西福寺の隣には染井稲荷神社があって、境内には「染井の里」の碑があった。
 写真を撮ったが「の里」の2文字が入らなかった。


   ※染井稲荷神社



 神社のすぐ前にある公園は、「染井よしの桜の里公園」。
 その公園がそういう名前だったというのを知ったのは後からで、私は実際には訪れていない。残念!
 桜が咲いた頃にまた行ってみよう!
 今日あたり、もう咲いてるかも!

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 庭木と花 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 染井よしの桜の里公園 染井稲荷神社 染井村 駒込 西福寺 染井吉野の里 クローン ソメイヨシノ 世の中にたえて桜のなかりせば 在原業平

00:10  |  花、植物  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2242-12c3f598

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |