05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2016.03.03 (Thu)

アントマン



 なるほど~。
 小さいだけを売りにしているのではなくて、小さくて強いんだ。
 『ミクロの決死圏』とか『インナー・スペース』を想像していたのだが、全然違った。『ミクロイドS』の方が近い。


   『 アントマン 』

------------------------------------------------------------------
 やる気も能力もあるのに、なぜか空回りばかりのスコットは、仕事も家庭も失い絶体絶命…。
 そんな彼にオファーされた最後にして唯一の「仕事」は、身長わずか1.5cm になれる驚異の「スーツ」を着用し、神出鬼没のヒーロー「アントマン」となることだった。
 スーツを発明した天才科学者ハンク・ピム博士と博士の娘ホープの指導の下、猛特訓が始まる。
 最愛の娘のために挑戦を決意した彼は、本当のヒーローとなり、人生のセカンド・チャンスをつかむことができるのか? そして、アントマンに託された決死のミッションとは……?
------------------------------------------------------------------


 ホープ役は、エヴァンジェリン・リリー。
 私は、『LOST』のケイト役だった彼女に再び会えてうれしかった。
 どうやら、シリーズ化される雰囲気なので、きっとまた会える。

 ハンク・ピム博士は、マイケル・ダグラス。
 私にとっては、『ウォール・ストリート』(2010)ぶり。

 話は間違いなく、面白い。
 子どもが見てもOK。
 改造されて小さくなる能力を身につけたわけではなく、スーツにその力が宿っているわけだから、スーツさえ着用すれば誰でもアントマンになれる。その点は、アイアンマンや仮面ライダーG3と同じ。
 ということは、アントマンをやめることもできる。
 今後、きっとそんなシーンも出てくるのだろうなと思う。



 117分

 ちなみに、『ミクロイドS』というのは手塚治虫原作のアニメ。
 『デビルマン』の終了後に、同じ枠で始まった。
 『ミクロイドS』の後番組が、『キューティーハニー』。

 もうひとつちなみに、『超人バロム・1』に登場するドルゲの戦闘員もアントマンだったはず。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : 超人バロム・1 仮面ライダーG3 アイアンマン マイケル・ダグラス LOST エヴァンジェリン・リリー アントマン ミクロイドS インナー・スペース ミクロの決死圏

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2223-3bc144e2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |