09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2016.02.28 (Sun)

雑貨展



 東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHT というオシャレな展示施設で、「雑貨展」という展示が始まりました。
 会期は、2月26日(金)から6月 5日(日)まで。

    雑貨展
    21_21 DESIGN SIGHT 
    http://www.2121designsight.jp/program/zakka/

 開催に先駆けて、2月25日(木)の内覧会に行ってきました。
 21_21 DESIGN SIGHT は、ちょうど1年前に「単位展」でお世話になったところ。久しぶりに出かけました。

「雑貨展」なのですから、文字通り雑貨を展示してあるのですが、しかし、それは「雑貨店」ではないのです。
 21_21 DESIGN SIGHT のみなさん、作家の皆さんの手にかかると、こんなにも楽しく面白く「雑貨」を見ることができるなんて!
 いやいや参りました。


   ※松野屋行商  松野屋+寺山紀彦(studio note)
    明治時代に荷車に日用品を積んで販売していた行商の姿を、現代の日用品で再現。
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 最初に目に飛び込んでくるのが、上の写真。
 昔はこんなのに雑貨を積んで行商していたのです。
 それを再現してありました。
 目の前で見ると、すごい迫力です! 一体、いくつもアイテムを載せているのでしょう?

 これを作った寺山さんにお伺いしたところ、これはこの場所で組み立てたとのこと。
 大きすぎて、このままでは会場の外には出せないそうです。

「雑貨展」にはたくさんの作品が展示されているのですが、今回のブログではあと1つだけ紹介いたします。
 それは、『雑マンダラ』という作品です。

【 続きです! 】




 川原真由美さんの『雑マンダラ』。
「雑」という言葉を含む二字熟語から日本独特の文化や感性を伝える――という作品です。

 世の中には「雑」を含む言葉がたくさんあります。
 雑貨、雑踏、雑感、雑煮、雑誌、雑草、雑居、……。
 そして、忘れてならないのが、「雑学」。

 上の画像だと細かすぎて読めないと思いますが、この作品の中には、ちょっとした雑学が10点ほど書かれています。
 今年に入ってすぐに、「1行程度の雑学」が10点ほどをいくつか送って欲しいと依頼があり、うれしくなって、依頼された数の4倍くらい送りました。その中からいくつか採用されたようです。うれしい!

 私が内覧会で『雑マンダラ』をこの食い入るように見ていたら……、
「あの~、星田さんですか?」
と女性から声をかけていただきました。
 なんと、川原さんでした。

「雑貨展」のご紹介、今回はここまで!
 楽しいので、また絶対に行きます!
 みなさんもぜひ!


    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 雑学 雑マンダラ 川原真由美 寺山紀彦 単位展 雑貨展 21_21DESIGNSIGHT 六本木

00:10  |  芸術  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2219-b876ba61

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |