05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2016.01.18 (Mon)

♪愛はかげろうのように



 その曲を聴くと、涙が出ちゃうという曲がある。
 そういうの、誰にだってあるんじゃないのと思う。

 とりあえずぱっと思い出せたのがこの3曲。

   Charlene 『 I never been to me 』
   Roberta Flack  Killing Me Softly
   中島みゆき  悪女
   茂森あゆみ・速水けんたろう  にじのむこうに


 今回は、この中の1曲目、放題『愛はかげろうのように』を紹介。


    Charlene 『 I never been to me 』
    歌詞


 一体、最初に聞いたのは、いつだったのだろう。
 調べてみたら、この歌は、ランディ・クロフォードが1976年のアルバムに収録したのが最初のようだ。
 それは知らなかった。

 シャーリーン版は、1977年。当時の私は、中学3年生。
 きっとその頃だろう。
 英語の歌詞がほとんど聞き取れなかった。
 わかったのは、カリフォルニアとかモンテカルロとかだけ。
 でも、大好きで大好きで……、ラジオからこの曲が流れてくるのを心待ちにしていました。

   Ooh, I've been to Georgia and California
   And anywhere I could run
   Took the hand of a preacher man
   And we made love in the sun




関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

タグ : にじのむこうに モンテカルロ カリフォルニア ランディ・クロフォード Ineverbeentome Charlene 愛はかげろうのように

06:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

きくちゃんへ

こんにちは

私は雰囲気で聞いていましたので、英語の歌詞の内容はそんなに「どぎつい」のですか!

それならなおのこと、訳すのはやめておこうかな?
星田直彦 |  2016.01.19(火) 12:35 | URL |  【編集】

メロディーは素晴らしい! でも・・・

私もこの曲は好きで、未来永劫残るトップクラスの名曲だと思います。

以前聞いた話
「結婚式の披露宴の余興で原曲の歌詞で歌うのはやめましょう。」


この映像に出てくる訳詩はおとなしすぎます。
とても書けません。
きくちゃん |  2016.01.18(月) 07:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2178-8d0c1cbe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |