07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2015.12.29 (Tue)

アスカルゴ




   ※都電荒川線・王子駅前
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 奈良県には王寺町というところがある。
 私が大学を卒業して最初に勤めたのがこの町。

「おうじ」と打って変換すると、「王寺」ではなく「王子」と出ることがある。この「王子」は東京にある。
 そうなんだ、いつか行ってみなければと思っていた。
 東京の人なら、私と逆の経験をしている人がいるかもしれない。

 ま、とにかく王子に行ってみた。
 JRの王子駅を降りると、駅の北東すぐのところに都電荒川線の「王子駅前」停留場がある。
 また、駅の南西には「飛鳥山公園」がある。

 この日の私は特にどこへ向かうという目当てはなかったので、「飛鳥山公園モノレール」というかわいいモノレールを見て、「乗ってみよう!」と思った。


   ※飛鳥山公園モノレール(Wikipedia)
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   ※飛鳥山公園モノレール(Wikipedia)

 このモノレールは飛鳥山公園の利用を促進するために作られたもので、レールの長さは48m、とっても短い距離だ。
 見た目が、丸っこくてかわいいので「アスカルゴ」っていう愛称が付けられている。

 さて、ここで問題。
 運賃は、おいくら?

【 続きです! 】





   ※飛鳥山公園モノレール
    ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 では、答え。

 運賃は、無料
 だから、係の人はいたけれど、切符売り場も改札もない。

 飛鳥山のレポートについては、「あすかやま」だから明日といきたいところだけど、後日。
 ん~、たぶん、来年になるな。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 東京23区 - ジャンル : 地域情報

タグ : アスカルゴ 飛鳥山公園モノレール 飛鳥山公園 王子駅前停留場 都電荒川線 王子 王寺町

00:10  |  東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

土田さんへ

こんにちは!

飛鳥+エスカルゴ→アスカルゴ

その通りだと思います。
私は、もしかしたら、「カーゴ cargo」も含まれているのではと想像しています。
星田直彦 |  2015.12.29(火) 15:33 | URL |  【編集】

りょうけんさんへ

こんにちは

そうか!
短い距離の移動の場合、モノレールがコスト的に有効だということなんですね!

でも、高速道路のバス停と一般道路を結ぶモノレールって珍しいのではないでしょうか?
星田直彦 |  2015.12.29(火) 15:30 | URL |  【編集】

アスカルゴ

アスカルゴという名前は、たぶん、「エスカルゴ(かたつむり)」を「飛鳥山」と引っかけたものでしょうね。ケーブルカーが小さくて丸っこいから。
土田 滋 |  2015.12.29(火) 10:59 | URL |  【編集】

アンギラスさんへ

おはようございます。

「おうじ」ばかり変換していたので、ごちゃごちゃしてしまいました。
ブログの文面は先ほど修正しました。
お知らせいただき、ありがとうございます。

星田直彦 |  2015.12.29(火) 09:46 | URL |  【編集】

鳴門にも

以前、高速バスで徳島県の鳴門に行った時に、高速鳴門でバスを降りて、一般道路に下りるのに、無料のモノレールに乗ったことがあります。

同じような目的なんでしょうね。
りょうけん |  2015.12.29(火) 06:18 | URL |  【編集】

これは知ってた

東京都内を中心に各地方をブラブラ歩くネット番組で紹介されてたから。

橋はあるけど、あまりにも高いく上るのが大変なので、付随されてる千本松・千歳渡船みたいなもんでしょう。

大阪市阿倍野区には「王子町」があります。

本文中の駅が「JRの王寺駅」になってますよ。
アンギラス |  2015.12.29(火) 05:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2158-0639dc5c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |