05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2015.12.04 (Fri)

ビキニスタイルのお嬢さん



 まったくもって季節外れなのですが、お許しください。
 先日、何かでこの曲を聴いたのです。

   ビキニスタイルのお嬢さん

 1960年8月に発表されたブライアン・ハイランドの曲。
 ビルボードのヒットチャートで1位を獲得。
 早くも同年の10月には、日本語版がリリースされている。
 私はまだ生まれていないが、21世紀になってもまだ毎年どこかで流れている。

 知らない人はすくないと思うのだけど、思い出せない人はいるかもしれない。
 ぜひ一度聞いてください。



 さて、この曲の原題は、

   Itsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polka-Dot Bikini

 このうち、私がわかるのは、Yellow と Bikini だけ。
 あとの単語も調べてみました。

【 続きです! 】


 まず、itsy 。
 これは、bitsy とペアで使われるようです。
 itsy bitsy で、「小さい、ちっぽけな」という意味。
 itsy bitsy とリズミカルに並んでいるから、「小さな小さなビキニ」って感じだと思います。

 次に、teenie 。
 これはほぼ予想がついたのですが、「小さい」という意味の tiny の俗語。
 だからここまでで、「小さな小さな小さなビキニ」

 さらに、weenie 。
 なんとこれも口語で「ちっぽけな」という意味。
 したがって、「小さな小さな小さな小さなビキニ」。
 一体、どれくらい小さいのだろう?

 一応、お知らせしておきますが、itsy,bitsy,teenie,weenie の4つの単語が韻を踏んでいることも、歌が楽しくなる要素。
 これを単に「極小」とやってしまうと、風情がない。

 で、そのビキニの色が yellow 。
 柄が、polka-dot。
 polka-dot というのは「水玉模様」のこと。

 ちなみに、polka って聞くとチェコの民俗舞曲を思い浮かべるが、それとの関連はまだ調べがついていない。

 ここまでまとめると、

   「小さな小さな小さな小さな黄色い水玉模様のビキニ」

ってことになる。早口で歌えば、歌えないことはない。
 ただ、形容詞をこれだけ並べると、たとえば、「小さな」が「水玉」にかかるのか、「ビキニ」にかかるのかとてもわかりにくい。

 日本の人が歌うときに、「 イッツィ ビッツィ ティニ ウィニ イエロ ポルカドッ ビキニ」と不定冠詞の a を付けて歌う人が多いが、正しくは an だと思う。
「そんな細かいを!」を言われそうだが、itsy bitsy teenie weenie な歌なので放っておけない。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 水玉模様 polka-dot 日本語版 ビルボード ブライアン・ハイランド ビキニスタイルのお嬢さん 季節外れ

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

りょうけんさんへ

こんばんは

そうですね。
あの「ア」は、言わば「合いの手」なんですね。
星田直彦 |  2015.12.04(金) 20:38 | URL |  【編集】

何故anではなくaなのか

どうして、「ア  イッツィ  ビッツィ …」と歌うのかというと、日本語版で「パラキン」が、そう歌っていたからだと思います。
小さい頃なので、はっきりとは覚えていませんが、英語の歌詞になると、「アー」と、伸ばしてから、一気に早口言葉のように「イッチビッチティニウィニ…」と歌っていたように思います。
りょうけん |  2015.12.04(金) 04:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2133-615efb36

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |