08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月  |HOME管理

2015.12.03 (Thu)

小暮写眞館



 私はこれまであまり宮部みゆきの作品を読んでなかった。
 いきなり『ソロモンの偽証』は重たいなと感じたので、読みやすそうなものを選んだ。


    『 小暮写眞館 』  宮部みゆき

------------------------------------------------------------------
――この写真には謎がある。
 人の本音はときどき、思いがけない形で姿を見せるから。

 家族とともに古い写眞館付き住居に引っ越ししてきた高校生の花菱英一。
 変わった新居に戸惑う彼に、一枚の写真が持ち込まれる。それはあり得ない場所に女性の顔が浮かぶ心霊写真だった。
 不動産屋の事務員、垣本順子に見せると「幽霊(そのひと)」は泣いていると言う。謎を解くことになった英一は。待望の現代ミステリー。
------------------------------------------------------------------


 文庫本の上・下を読んだ。
 下巻の帯に「感動のこの結末を」と仰々しく書いてあるが、読み終わってから考えると、「感動のこの結末を」というのは、ちょっと違うなと感じた。
 心は揺さぶられたが、結末は感動ではなかった。
 結末に向かう、その流れには感動したけど……。

 とにかく、読んで正解だった。
 ずっと読んでいたいと思った。
 終わりが近づくのが残念でならなかった。それくらい気に入った。

 花ちゃんのその後を知りたい。
 いや、テンコ、コゲパン、ピカ、垣本さんのその後も知りたい。
 宮部さん、よろしくおねがいします!



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 幽霊 感動のこの結末を ピカ コゲパン テンコ 垣本順子 花菱英一 小暮写眞館 ソロモンの偽証 宮部みゆき

06:00  |  本の紹介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2132-d0fc648c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |