07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2015.10.13 (Tue)

二宮忠八

 香川県旅行、午前中にうどんを食べたあと、次に訪れたところは……。

   二宮忠八??館

 「??」は、わざとブランクにしています。

 二宮忠八(にのみや ちゅうはち)という人、私は香川県の旅行ガイドを読んで、この人を初めて知りました。

 旅行のあと、高1の息子に二宮忠八のことを尋ねたら、なんとちゃんと知っていました。
 なんで知ってんだ?
 ということは、知らなかった私が勉強不足だったのか?

 さて、どういう人なのでしょう?

【 続きです! 】






--------------------------------------------------------------
二宮 忠八(にのみや ちゅうはち)
 1866年(慶応2)~1936年(昭和11)
 明治時代の航空機研究者。
 陸軍従軍中の1889年、「飛行器」を考案。その翌年には、ゴム動力による「模型飛行器」を製作。軍用として「飛行器」の実用化へ繋げる申請を軍へ二度行なうも理解されず、以後は独自に人間が乗れる実機の開発を目指したが、完成には至らなかった。
 なお、「飛行器」とは忠八本人の命名による。また、忠八の死から18年後の1954年、英国王立航空協会は自国の展示場へ忠八の「玉虫型飛行器」の模型を展示し、彼のことを「ライト兄弟よりも先に飛行機の原理を発見した人物」と紹介している。(ウィキペディア)
--------------------------------------------------------------


 実際には、世界初の有人動力飛行はライト兄弟によるのだが、日本にもこんな人がいたということだ。
 うまくいけば、ライト兄弟よりも先だったのかもしれない――ということです。

 彼が「飛行原理を着想した地」ということで、ここ(香川県仲多度郡まんのう町)に「二宮忠八飛行館」が作られたようです。




   ※すぐ近くには、「二宮飛行神社」もありました。



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 香川 - ジャンル : 地域情報

タグ : まんのう町 飛行原理を着想した地 飛行機 ライト兄弟 二宮忠八 うどん 香川県 飛行神社 二宮忠八飛行館

00:10  |  四国  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2081-7e0ae018

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |