05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2015.09.24 (Thu)

4分間のピアニスト



 全体を通して重い。
 こんな重い映画だとは知らずにDVDを借りた。

   『 4分間のピアニスト 』

----------------------------------------------------------------
 本国ドイツで大ヒットを記録した、斬新なストーリーと圧倒的なピアノ演奏で綴る感動ドラマ。
 無実の罪で囚われた天才ピアニスト・ジェニーと、残りの人生を賭けて彼女を指導する老ピアノ教師・クリューガーとの激しくも暖かい魂のぶつかり合いを描く。

 世界各国の映画祭でも熱い歓声に包まれた話題作!
 無実の罪で囚われた天才ピアニストが自分の才能を信じてくれる女性教師との出会いを通して、再び人生の輝きを見出すまでを描く。
 主人公の演奏と息を呑む衝撃のラストシーンは、観る者の心を激しく揺さぶる。
---------------------------------------------------------------


 ジェニーは、本当に扱いにくい。鋭いナイフのようだ。
 普通の映画なら、ピアノのレッスンを通して、クリューガーとジェニーとの距離が縮まるのだが、それがなかなかそうならない。
 次の場面にスムーズに流れるのか、ハラハラしながら見ることになる。
 結局、最後まで二人の距離は残ったままだ。

 しかし、クリューガーは、ジェニーの才能を高く評価して……。
 とにかく、ラストの4分間の演奏は、息をのんだ。
 DVDだったから、3回は見た。



 2006年のドイツ映画。
 110分。

 もう1回、見ようかな。
 演奏の後の「正式なお辞儀」がよい。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : ピアノ教師 ピアニスト ドイツ ピアノ 4分間のピアニスト お辞儀

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2062-2ddca78c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |