05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2015.08.19 (Wed)

塔時計



 先日のブログで札幌市の時計台を紹介しました。
 今でこそ、どの家にも時計があって、また、誰もが時計を携帯していますが、時計台が知らせる時刻に頼っていた時代もあったわけです。



 5月に私は、東京都墨田区にある「セイコーミュージアム」に行きました。
 入場料は無料。
 ここには時計の歴史がわかる資料がたくさん展示されています。
 何回かに分けてブログで紹介したいと思います。


   セイコーミュージアム
   http://museum.seiko.co.jp/






 上の写真のような「機械式時計」が登場するまでは、日時計や水時計など「自然の力を利用した時計」が使われていました。
 そういう意味では、このような「機械式時計」が登場は、画期的なことでした。

  ご覧のように、まだ、文字盤や針はありません。
 時刻は、鐘の音で知らせます。

 動力は、2つの錘(おもり)。
 1つは時計を動かして、1つは鐘を鳴らします。

 下の写真の塔時計は、イギリスのビッグベンの時計台のプロタイプと説明されていました。







関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 自然科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ビッグベン 水時計 日時計 機械式時計 墨田区 セイコーミュージアム 時計台 札幌市時計台

06:00  |  雑学 ★雑木話★  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2025-795731d4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |