05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月  |HOME管理

2015.07.31 (Fri)

AかEか?


   ※東京駅

 ようやく覚えた。
 東海道新幹線を月に何度か必ず使うようになって、チケットを取るときに迷わなくなった。

   富士山側は、AかEか?

 みなさんは即答できますか?

 新幹線の座席は1列に、3席+2席=5席 あります。
 3席の方が、窓側からA席,B席,C席。
 そして、2席の方が、通路側からD席,E席。

 だから、窓に近いのは、A席とE席です。
 さて、どちらが富士山側でしょう?

 上りと下りで違うだろって?
 私も昔はそう思ってたのですが、上りも下りも同じです。
 新幹線は終点まで行って、Uターンするわけではないのです。

【 続きです! 】




 富士山側はE席です。
 私はいつもスマホを使ってチケットを取っているのですが、E席から埋まっていく様子がよくわかります。

 覚え方!
 「E」という文字を左に倒すと「山」になります。
 もちろん、ここから富士山をイメージするわけです。

 この覚え方を由希子に話そうとして、その前に気づきました。
 「A」なら、この形そのものが山に見えるではないか!

 あ~、だめだ、だめだ。
 新しい覚え方を考案しなければ。
 ま、しかし、もうE席が山側だとインプットできてしまったのですが……。

 私は富士山は見たいのですが、トイレにもスムーズに移動したいので、最近はD席かC席を取るようにしています。

 予約状況を見ていると、B席がいちばん人気がありません。
 だから、C席を取れば、となりが空いている可能性が大きくなります。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 雑学・情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 富士山 Uターン E席 A席 富士山側 チケット 東海道新幹線

00:10  |  雑学 ★雑木話★  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

おやじさんへ

こんにちは。

そんなの当たり前というのは、そうだろうと思います。
ほんのちょっぴり、鉄道マニアに近づけたということですね。

B席をあけて、A,C席を買うというテクニック、使えそうですね。
複数で乗る機会がありましたら。挑戦してみたいと思います。
星田直彦 |  2015.08.01(土) 16:51 | URL |  【編集】

ごきげんよう、おやじです。
連続投稿をお許しください。
座席予約の裏技です。まあ、使えるシチュエーションが限られますので、チャンスがあれば実践してみてください。
皆さんは二人で新幹線に乗る場合、ほとんどの方が二人掛けのD、E席を選ばれると思います。しかし裏技では三人掛けの席を予約します。
その裏技とは「A席とC席を予約」するんです。
これでゆったりと座ることが出来ますし、真ん中の席に荷物を置いたりも出来ます。
B席は星田さんも言われていたように一番人気がありません。ですから、かなりの確率で空いているんです。
でも混雑している状況だと見ず知らずの人が真ん中に入ってしまいますから「ちょっと冒険だよな」って思ったでしょ?(笑)
でも大丈夫!そんな時はC席とB席を替わってあげればいいんです。その人だって見ず知らずの人に挟まれるよりは通路側のC席を選ぶでしょう。
以上、知っていればいつか役立つ裏技でした(笑)
おやじ |  2015.07.31(金) 08:20 | URL |  【編集】

ごきげんよう、おやじです。
全国的に梅雨明けし、暑さに拍車が掛かった気がしています。
さて、E席側が富士山側だというのは鉄道マニアの方からすれば「そんなの当たり前!」なんでしょうね(笑)
しかし、A席側の車窓からも富士山は見えるんです。
これも鉄道マニアの方からすれば当たり前なのかも知れません。
感覚的に東海道新幹線は東西に走っているイメージですが、静岡駅のちょっと西側で、ほんの短い距離ですが南北に走る場所があるんです。この場所を走る数十秒間だけA席側から富士山を眺められるそうです(笑)
ただ、富士山からちょっと距離があるので天候に大きく左右されます。昨年、東京へ行ったときに確認するつもりだったのですが、その奇跡の数十秒間をあっさり見逃しました(笑)
もうひとつ新幹線の席について、とっておきのネタがあるのですが、コメント欄を分けてご紹介します。
おやじ |  2015.07.31(金) 07:58 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2006-c9257eb5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |