07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2015.07.28 (Tue)

1回の授業料は?



 先月、JRに乗っていたときのこと。
 母親と20代の息子という雰囲気の2人の会話が聞こえてきた。
 けっこう大きな声での会話だったので、どうしても聞こえてきたのです。

 息子さんは、調理師免許でも取るつもりなのか、料理学校でのある講義の受講を考えているようだ。
 母親がその相談に乗っている。
 で、話題は、その受講料についてに移っていった。

 息子が言う。
 「15回の講義で、28万円。材料費もテキスト代も入っている」

 私には、それが相場なのかどうなのかさっぱりわからない。
 え~っと、1回分の講義だと……、などと考えていると、母親も同じことを考えていたようです。

 「1回の授業が、2万円にはいかないくらいね」
 うんうん、それくらいだな。
 お母さん、偉い!
 28万円を約30万円として、30÷15=2(万円) と暗算したんだろう。

 ところが、息子さんには母親の言葉が聞こえず、息子は息子で独自に1回分の授業料を計算しているようだった。
 で、次の瞬間、私はかなりびっくりしたのでした。

 息子が言う。
 「えっと、15÷28 だから……」

 え?
 彼は、スマホの電卓で計算を始めた。
 「あれ? 1回の授業が 0.537 ? なにこれ?」

 母親は「どうして? 1回、2万円くらいでしょ」と言っている。

 1回の授業料を求める方法はお母さんが正しくて、その概算もお見事。
 ここで、「息子さんは、計算の向きを間違えてしまっているな、ハハハハ」ではなく、いつも私のブログをお読みになっている方でしたら、0.537 という数値が何を表しているか、考えてみませんか?

【 続きです! 】


 単位を付けてみましょう。

   15(回)÷28(万円)≒0.537(回/万円)

 [回/万円]という単位が出てきました。
 これは、「1万円で何回の授業を受けられるか」ということを表しています。
 この講義では、1万円で0.537回の授業を受けられるということですね。

 この講義の「コスト」を比較するときには、下の2つの式のどちらだっていいのです。

   28(万円)÷15(回)……(1)
   15(回)÷28(万円)……(2)

 ただ、息子さんは(1)をやりたっかはずなのに、(2)を計算してしまったので、「あれ?」となったのですね。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 概算 授業料 テキスト代 材料費 料理学校 JR

00:10  |  数学  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

宇美浜りんさんへ

こんにちは。

おっしゃるとおりです。
夢を持つ若者が、夢を追うときに数学の力が必要になるときがあります。
できれば、必要になったときに、すでにその力を持っている状況を作り出すことができればと思います。
学校の教育だけでそれをやるのは難しいのですが、かといって、学校教育がやれる部分も大きいと思っています。
星田直彦 |  2015.07.30(木) 13:48 | URL |  【編集】

人間は成長する、長い目で見守ってほしい

彼はまだ調理師学校にも通ってない人なんです。今はまだ出来なくても、学校に通い、人に雇われるうちに計算もおぼえるでしょう。
現在はベテランになった先生でも、教育実習のときは生徒の間違いを把握できなかったり、新人のときにおちこぼれを救えなかったことを後悔している、それを胸に立派な先生になった話を聞きました。
人間は失敗をしながら成長するものです。出来なかったことを本人の努力と周囲からの教育・指導で出来るようになるのです。
私も今はいろいろな分野の知識を持っているつもりですが、はじめから知ってたのではなく、失敗やカンチガイを積み重ねてきた結果です。今の知識の数と同じくらい、計算間違いやカンチガイを繰り返しました。最初からできる人からは「将来が不安だ」とも言われましたよ。
「動物は10の能力を持って生まれたら死ぬまで10である。だが人間は0で生まれて努力と教育しだいで99にまで成長できる(100を神の能力とした場合)」と教育学を学んだ学生時代に聞きました。
私はこの息子さんが、よい指導者にめぐり合い懸命に努力すれば、いつか評判の店のシェフになると思いました。いつか彼の店に食べに行きたいです。
宇美浜りん |  2015.07.30(木) 07:13 | URL |  【編集】

アンギラスさんへ

こんばんは。

そうなんですよ。
ふつうは、割り算の方向を間違えたとしても、もうすこし早く気づくものなのですが・・・

計算に電卓を使うのはよいとして、方向のまちがいをどうやったら減らせるのか・・・、考えなければならないと思いました。
星田直彦 |  2015.07.29(水) 17:42 | URL |  【編集】

不安

この息子さんが望みどおり調理師・コックさんになったとして。
飲食店・ホテルなどで雇われて料理を作るだけなら、少々計算に暗くても大きな問題は無いだろうけど、
オーナーシェフになってレストランを経営する場合、食材の費用、家賃、光熱費、什器備品の償却費、ムダになる食材費など様々な計算が必要になります。
このままでは不安ですね。
まあ、必要に迫られれば出来るようになるとは思いますが。
アンギラス |  2015.07.29(水) 09:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/2003-32030707

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |