07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2015.07.05 (Sun)

like a bird


   ※例年、鳥にかなり食べられてしまいます。

 鳥のように空を飛べたらどんなに気持ちいいだろう!
 誰しも一度はそんなことを考えたことがあると思う。

 今日のブログは久しぶりの英語表現。
 さて、次の英文はどういう意味なのか?

   He eats like a bird.

【 続きです! 】


 直訳すれば……、

   彼は鳥のように食べる。

 もちろん、ここに登場する「彼」は人間である。
 その「彼」が鳥のように食べるということは……、

   彼は、あまり食べない。
   彼は、とても小食である。


 そういえば、数年前、とても体の大きな男性と一緒にランチを食べたことがあって、その彼がランチセットを全部食べきれないと知り、たいへん驚いたことがあった。
 そういうときに、言えばいいんだな。

   You eat like a bird.

 あ、でも、ちょっと失礼かな。
 反対にこう言われるかもしれない。

   You eat like a horse.

 日本でも「鯨飲馬食」っていうよな。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 英語 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ランチ 食べる bird 鳥のように 鯨飲馬食 小食

00:10  |  言葉  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

Hyaruさんへ

こんばんは!

If I were a bird,

の「 were 」は、不思議ですよね。

日本語でこれに似た現象がないかと、この話題が出る度に気にしているのですが、いまだに見つかりません。
星田直彦 |  2015.07.06(月) 23:33 | URL |  【編集】

アンギラスさんへ

こんばんは

トウガラシが辛いのには、そんな戦略が!
すばらしいの一言です。

私は辛いシシトウが大好きです。
なかなか手に入りません
星田直彦 |  2015.07.06(月) 23:31 | URL |  【編集】

If I were a bird

内容はちょっとずれるのですが、「a bird」という単語を見ると「If I were a bird, I would fly to you.」という、高校の英文法で習った例文を思い出しました(笑)。仮定法なんて教科書の中だけの話だろうと思ったら、意外に日常会話でも「If I were you,〜」みたいな使われ方していますね。
Hyaru |  2015.07.06(月) 18:25 | URL |  【編集】

Bird pepper

唐辛子などは、辛味に強いというか無頓着な鳥類にエサとして食べもらい種子の分布を広げます。

歯が無く種子を噛み砕かない鳥類だけに食べてもらうため、歯があって種子を噛み潰してしまう哺乳類を遠ざけるため、鳥類は平気、哺乳類が苦手な辛味を持つようになりました。
したがって唐辛子など赤く熟す辛味があるナス科の植物を「Bird Pepper」と呼びます。

したがって、味に関係なくバクバク食べちゃう=いかもの食いかと思いました。
アンギラス |  2015.07.05(日) 09:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1980-847d7efd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |