09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2015.04.14 (Tue)

うじがわはりゅう



 京都・伏見を歩いていたときに、上の表示が目に入った。


   うじがわはりゅう


 なぜかひらがなで書かれてあった。
 「うじがわ」は、「宇治川」だろう。

 では、「はりゅう」とは?
 「はりゅう」と打ってから変換してみたら……、

    針生、波立

 これらはきっと違うと思った。

 では、「派流」か?
 どういう意味なんだろう?
 ちゃんと調べてみようと思ってから、ずいぶん経ってしまった。

【 続きです! 】




 いろいろ調べてみたら、やはり「派流」だった。
 そういうことばがあったんだ。
 平凡社の世界大百科事典には、次のようにあった。

------------------------------------------------------------------
 1本の川には,一般に多数の川が次々に集まってくるが,水量,河道の長さ,流域の広さなどにおいて有力なものを幹川あるいは本流と呼び,幹川に合流するものを支川(支流),幹川から分派して直接海に入るか再び幹川に合流するものを派川または派流(分流)という。これら全体を総称して水系または河系とよぶ。
------------------------------------------------------------------


 そうだったのか!
 「支流」って言葉は聞いたことがあったけど、間違って理解していた。

   幹川に合流するもの………支川、支流
   幹川から分派するもの……派川、派流(分流)

 うん、勉強になった。
 私は、前者も後者も「支流」だと思っていた。

 しかし、最終的に、なぜひらがなで表記してあるのかはわからなかった。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 京都 - ジャンル : 地域情報

タグ : 幹川 支流 派流 宇治川 うじがわはりゅう 伏見

00:10  |  京都  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

宇美浜りんさんへ

こんにちは。

なぜ、ひらがななのか?
いまだによく分かりません。
宇治川はけっこうポピュラーな川ですし、読みも難しくありません。

こういうのは案外、奥が深いことがあります。
頭の奥深くにメモしておきます。
星田直彦 |  2015.04.15(水) 13:47 | URL |  【編集】

アンギラスさんへ

こんばんは。

日頃、本当に何気なく見ている川ですが、そこを管理するとなると並大抵のことではないのですね。

言葉一つから、すこし勉強することが出来ました。
星田直彦 |  2015.04.15(水) 13:45 | URL |  【編集】

宇治川は龍、かと

最初に見たときには、「は」を「わ」と発音し
「宇治川は龍」と読むのかと思いました。
昔の人は川を龍に見立てることがあったと聞いたので
「宇治川は龍の化身だから
汚い水やゴミを捨てたらバチが当たるよ」と
教えていた、そのくらい川を大切にしてたのかな、と。
「ここではきものを脱いでください」の表示を見て
履物ではなく着物を脱ぐようなものですね。
それにしても、なぜひらがなで?
メリットとしては、漢字をまだ読めない子供が迷子になったとき電話で現在地を報告しやすい、けど。
でも私みたいに読み間違えたら正確な報告はできませんよね。
宇美浜りん |  2015.04.14(火) 09:56 | URL |  【編集】

派流は知らなかった

ある川から枝に分かれて行った場合、その川に別の名前がつくのが普通でしょうが、分かれた川が元と比べて極めて細い場合、「派流」と呼ぶのでしょうね。

大阪でも大川が、堂島川・土佐堀川・安治川・木津川・尻無川と枝分かれして名前を変えてますが、木津川や尻無川は、実のところ埋め立て陸地を作ったから出来た運河だったりします。
この前、川岸のセメント工場に原料を満載した貨物船が接岸して荷降ろししてました。
運河なので下を船舶が通行することを前提としてますから、むやみに橋を架けられません。
したがって、ところどころ渡し船が出ています。朝夕はピストン運転、昼間は15~30分間隔で往復して、自転車や歩行者を対岸へ渡しています。
アンギラス |  2015.04.14(火) 07:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1898-83209cdd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |