07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2014.12.18 (Thu)

All You Need Is Kill



 またまた面白い映画を作ったな~。

 原作は桜坂洋の『All You Need Is Kill』。
 だから、日本でのタイトルは同じタイトルにしてある。
 英語でのタイトルは、『Edge of Tomorrow』。

   『 オール・ユー・ニード・イズ・キル 』

------------------------------------------------------------------
 日本原作
 トム・クルーズ主演

 戦う、死ぬ、目覚める―。
 何回死んでも、彼女を守って、世界を救え!

〈最強の敵から世界を救うのは―死んだ数だけ、強くなる男〉
 遂に日本の小説が、超大作として映画化!
 原作は、桜坂洋の傑作SF小説。
 主演はトム・クルーズ、監督は『ボーン・アイデンティティー』のダグ・ライマン。
 未だかつて見たことがないトム・クルーズがここに!
 必見のアクション・エンターテイメント超大作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が新時代を築く!

 謎の侵略者“ギタイ”からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。
 戦闘スキルゼロのケイジ少佐は最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落とす。だが次の 瞬間、彼は出撃前日に戻っていた。
 その時から同じ日を無限に繰り返すケイジ。やがて彼は最強の女性兵士リタと出逢う。
 ケイジのループ能力が敵を倒す鍵にな ると確信したリタは、彼を強靭な“兵器"に変えるべく、徹底的に鍛え上げる。
 “戦う・死ぬ・目覚める”のループを繰り返すことで別人のように成長したケイジは、
世界を、そしてかけがえのない存在となったリタを守りきることができるのか――?
------------------------------------------------------------------


 こういう映画は、「ループもの」と呼ばれるらしい。
 たしかに、このようにループする映画は、他にも見た記憶がある。

 しかし、まあ、何回死んだのだろう?
 映画の中で映像となっている回数だけでも、相当な回数になる。
 見ているだけなのに、ついていくのがきつくなってきた。




 日本のマンガに目を付けるなんて、日本も ハリウッドもレベルが高くなってきたなぁ~。
 113分。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : ケイジ ダグ・ライマン 日本原作 トム・クルーズ 桜坂洋 オール・ユー・ニード・イズ・キル

06:00  |  映画・テレビ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

おやじさんへ

こんばんは。

おっしゃるとおりです。
やっと、ハリウッドも日本のレベルの高さに気づいた手北と言うことなのですね!

本文を訂正いたしました。
星田直彦 |  2014.12.18(木) 16:20 | URL |  【編集】

ごきげんよう、おやじです。
私の住んでいる名古屋は未明から降った雪で一面の銀世界です。交通にも支障が出ているようですが、皆さんがお住まいの地域ではいかがでしょうか?何事も無いことをお祈りしております。
さて、この映画はまだ観ておりませんが、マンガはすでに読破しております。ストーリーがSF以外の何者でもありません(笑)SF好きな方ならば楽しめる内容だと思います。

>日本のマンガに目を付けるなんて、日本もレベルが高くなってきたなぁ~。

これは違います!
ハリウッドのレベルが高くなってきたんです(笑)
それでは!

おやじ |  2014.12.18(木) 11:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1776-3a6d3a2a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |