09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2014.12.10 (Wed)

目黒・大円寺

 昨日に引き続いて、目黒。
 行人坂の途中にある大円寺というお寺。





 江戸は火事が多かったことでよく知られているが、「江戸三大大火」と呼ばれている大火事がある。

   明暦の大火 明暦 3年 1月18日(1657年 3月 2日)
   明和の大火 明和 9年 2月29日(1772年 4月 1日)
   文化の大火 文化 3年 3月 4日(1806年 4月22日)

 「明和の大火」は、行人坂から出火したので、「目黒行人坂大火」とも呼ばれている。
 その火元だったのが、この大円寺。

 この大火事の死者は、最大3500名余だそうだ。
 大円寺には、犠牲者の追悼のために作られたとされる石造の五百羅漢像(実際は519体)がある。




   ※とろけ地蔵

 大円寺ではなぜか、八百屋お七関連の物を多く発見することができた。
 なんでだろう?
 ちょっとだけ、調べてみた。

【 続きです! 】



   ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。



   ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 八百屋お七といえば、好きな人に会いたくて放火をしたという女性。
 天和の大火(てんなのたいか、天和 2年、1683年)は、八百屋お七の放火未遂の事件に絡めて「お七火事」とも呼ばれている。
 1683年だから、明和の大火の90年くらい前の火事。
 八百屋お七は、後に火炙りの刑に処せられた。

 恋仲だった吉三は、菩提を弔うために出家して、明王院(現在、雅叙園)に入山した。
 明治初期に明王院は廃寺となり、大円寺に合併吸収された。
 かくして、この大円寺は2つの大火事に関連のあるお寺となったというわけ。



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 東京23区 - ジャンル : 地域情報

タグ : 天和の大火 お七火事 八百屋お七 五百羅漢像 目黒行人坂大火 明和の大火 江戸三大大火 大円寺 行人坂 目黒

06:00  |  東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1769-bc7e2e5e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |