09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月  |HOME管理

2014.12.02 (Tue)

世界初の日本語ワードプロセッサー



 本日、みなさまにご紹介いたします商品は、こちら、

   世界初の日本語ワードプロセッサー JW-10

 とはいいましても、日本語のワープロを日本以外の国が開発するとは考えにくいので、「日本初」というのがすなわち「世界初」ということになります。

 とにかく、このワープロはすごいのです。
 これまで、コンピュータに簡単に入力できる文字といえば、英数字やカタカナに限られていました。漢字を入力しようと思えば、番号を使って一文字一文字ちんたらちんたら入力するしかなかったのです。

 ところが、みなさん、このJW-10には画期的な方法が導入されました。

   かな漢字変換

 たとえば、「漢字」と入力したいときには、まずキーボードで「かんじ」と入力します。
 そして「変換キー」を押せば……、あれ? 「幹事」ですね。

 「漢字」に変換したい場合は、再度「変換キー」を押してください。
 何回か押しているうちに、「漢字」が登場するはずです。
 登場したら、「確定」してください。
 はい、そんな感じになっています。慣れれば簡単です!

 さて、各種業界から引っ張りだこのJW-10 の価格は?

【 続きです! 】



   ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 なんと、630万円です。
 みなさんのご家庭にも1台、いかがでしょうか?

 なお、実物をご覧になりたい方は、JR川崎駅西口から歩いてすぐの東芝未来科学館へお越しください。



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : お得なパソコン情報 - ジャンル : コンピュータ

タグ : 東芝未来科学館 確定 変換キー かな漢字変換 JW-10 日本語ワードプロセッサ 世界初

00:10  |  パソコン、スマホ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

きくちゃんへ

こんにちは!

使ったことはないけれども、使っている場面を見たことがあるのですね。
それは、スゴイ!

36年前ですね!
星田直彦 |  2014.12.02(火) 13:11 | URL |  【編集】

アンギラスさんへ

こんにちは。

しかし、まあ、驚きの値段ですね。

――と考えると、現在のパソコンの価格も、10年も経てば、「あの頃は高かったね~」ってなるのでしょうか?
なるような気がします。
星田直彦 |  2014.12.02(火) 13:07 | URL |  【編集】

おー!

おー これは懐かしい!

といっても、使ったことはないのです。

働いてた(今も)会社が○○市内(政令指定都市のひとつ)で、
一番最初に導入した企業という話でした。


総務課に置かれていて、操作しているのを見せてもらいました。

その頃、おもちゃのような端末(IBM3670だった?)で動くプログラムを組む仕事をしていて
アルファベット、数字の他、今で言う半角のカタカナしか使えなかったのと比べると、
ディスプレーも大きいし、「凄いな~」と思ったことを覚えています。

もうはるか昔のことになりました。
きくちゃん |  2014.12.02(火) 08:01 | URL |  【編集】

当時は高かった

コンピューター関係の価格は高かったですからね。
その年の少し前、初めて電卓を買いましたが5000円くらいしました。
しかも単3乾電池を4本も入れて重かったし、表示部分が電光式だったので電池の消耗が激しく寿命が短かったです。

同程度の計算能力の電卓なら100円で売ってるし、ソフトがほとんど入ってないノートパソコン+プリンターで10万円程度ですかね。
価格が50倍くらいしてたのも納得です。
アンギラス |  2014.12.02(火) 07:27 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1760-de313e66

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |