07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月  |HOME管理

2014.10.26 (Sun)

浅草寺で見つけた歌碑


   ※浅草寺

 浅草寺の話題を再び。

 これまで私が浅草寺を訪れたときにはなぜか時間を十分に取ることができなくて、とにかく急いでばかりいた記憶があるのですが、前回に浅草寺を訪れたときにはたっぷりと時間が合ったので、ゆっくり見ることができました。

 だから、「こんな歌碑があったんだ~」というのを見つけました!

 和歌の歌碑ではありません!
 作詞が東 くめ、作曲が滝 廉太郎の曲です。
 浅草寺の境内にはぴったりな曲だと思いました。
 さて、何でしょうか?

 みなさんがよく知っている「あの歌」ではありません。

 違うのです!
 みなさんが「よく知っている」と誤解している人が多い「あの歌」です。
 ややこしいですが、ご覧ください!

【 続きです! 】




 『鳩ポッポ』です。
 この歌碑がここにあるということは、『鳩ぽっぽ』と浅草寺に関連があると言うことでしょうか?

 ところが、ウィキペディアによると、東くめは長野県の善光寺の鳩を見て作詞したとあります。
 なぁんだ。
 じゃあ、なんで、ここにあるんだ?


   ※画像をクリックすると、大きな写真を見ることができます。


 それよりも何よりも、歌碑にある歌詞をよくご覧ください。
 読めるかな~? 読めないか~。

 歌詞が「ぽっぽっぽ」で始まっていません。
 あの歌のタイトルは、『鳩ポッポ』ではなく『鳩』です。

 この曲『鳩ポッポ』の歌詞の著作権は2019年まで存続しているそうなので、実際の曲を聴いていただきましょう。
 初めて聞くという人も多いのではないでしょうか?



 この歌碑にある『鳩』が作られたのは、1900年(明治33)だそうです。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 東京23区 - ジャンル : 地域情報

タグ : ぽっぽっぽ 善光寺 鳩ポッポ 滝廉太郎 東くめ 歌碑 浅草寺

00:10  |  東京  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tadahikostar.blog21.fc2.com/tb.php/1723-7e60856f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |